fc2blog_20150205230809d06.jpg


もう
一人じゃないのにさ

一人だって
寂しがるきみも好き


もう
大声で笑えるのにさ

笑うの苦手って
不貞腐れるきみも好き


もう
安心していいのにさ

まだ不安なんだって
ときどき揺れてるきみも好き



だって
だって

ずっと
手を繋いで欲しかった



一人で平気って
言って歩いていたら

手が離れて
心が離れて

切り裂かれて
誰も居なくて

すごく
すごく

切ないよって
ずっと泣いていたから



寂しいよって
苦手だよって
不安だよって

くるくる
丸い瞳で言ったら


可愛いねって
いいんだよって

そっと
きゅっと

手を繋いでくれる
温もりが欲しかったから



小さな声で
言おうとして言えなかった

でも
小さいから

こんなぼくでも
包み込んであげられる


小さいきみは
小さいきみのまま好き



関連記事
スポンサーサイト

孔雀

香りを食す/香りを放つ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿