愛されずに産まれ
愛されずに生きてきたと

初めて知ったとき
頭の中が真っ白になった

愛され方も知らないなんて
誰にも言えなくて



生まれ直しと言えば
聞こえはいいけれど

やり直しを認めるには
大人になりすぎてるって


聞きたいことは
本当は山ほどあるのに

上手に聞けなくて
もどかしくて泣いた夜もある



小さな女の子が
優しく教えてくれたんだ

お姉ちゃんのこと
私大好きなんだよって


それまで気づかなくて
好きだって気持ち気づかなくて

見過ごすこと
沢山あったこと

だからって
もう自分を責めなくていいよ



得るべきものを得ていなかったと
知らないものを知らなかったと

受け止めるだけでも
とても勇気の要ることなのは

疼く傷痕が
誰よりも知っていること



投げ出さなかったから
逃げ出さなかったから

疼く傷痕が
誰よりも知っていること
















関連記事
スポンサーサイト

奇跡の階段

きみと生きる喜び

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿