fc2blog_20170227164049f50.jpg
*ここからの続き*


『ひらくのまほう』


あなたの胸の

真ん中を開いてみると


ハートの真ん中には

神社があるよ



そこには

いつでもお参りできる

あなたの

神様がいるんだ




あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから
スポンサーサイト

miniart.jpeg

fc2blog_20160523170111f91.jpg


名刺サイズの
手描きアートから

あなたに
合うものをチョイスして


世界でたったひとつの
あなたへのうたを添えてお届けします

*リーディングには
 ルノルマンカードを使います



デスクのそばの壁に
貼って楽しんだり

お財布の中に入れて
持ち歩いたりできるサイズ


写真のアートは例としての
ほんの一部となりますので

ここの写真に載っていない
アートが届くこともあります


客観的にご自身を見つめる
サポートとして楽しみたい方や

ご自身へのサプライズとして
メッセージを受けとりたい方などに

おすすめのメニューです



お申し込みはこちらから



【オーダーにつきまして】
・お申し込み頂いてから
 48時間以内に振込先をメール致します
・万が一返信がない場合は
 NBK11331(あっとまーく)nifty.comまで
 ()内を@に変えてメールをお願いします
・振込みはゆうちょ銀行
 または楽天銀行でお願いします
・振込確認後1週間以内に
 アートの発送作業に入ります
・メニューの性質上
 返品・返金は受け付けておりません




干し柿のヘタって
可愛いお花形なのね〜



硝子の器で
食してみて気づいたわ



わたしの
こういう視点は


小さいお子さんの
いらっしゃる方からは

子供の頃の視点が
今でもあるんですね〜と褒められ


スピリチュアルなことに
携わっている方からは

スピな視点ですね〜と褒められる



ということに
気づけるまでは


スピという言葉に
過剰反応していた時期もあって

(カテゴライズされるのが
 死ぬほど苦手なのです)

褒められても
褒められると想えなかったわ



しかし
最近

改めて
脳の本とか読んでいると


ものを
じっと観察するとか

小さなことに
気づくこととか


子供の頃に
無駄と言われていたことは

全部
脳に良かったんじゃ〜ん!!と


自分の子供心を
褒められるようになってきた



子供心って
自分を笑わせる能力よね〜



そして
それって

誰もが
持っているものだと想うのだわ



たとえば
普段とても真面目な人が

お笑い番組や
お笑い芸人を見て

「凄いわぁ〜」
「面白いわぁ〜」って

賞賛してることって
無きにしもあらずと想うけど


その人だって
子供の頃には

他愛のないことで
自分を笑わせていたはず



ただ
やっぱり

その頃周りに
生真面目な大人がいると

「ふざけちゃいけませ〜ん」とか
「真面目にしなさ〜い」とか

そんな言葉で
封じられてしまった”何か”


それが
日常の中にある

自分がふっと
微笑むシーンに隠されている



誰もの心の中に
自分を笑わせる要素がある


その
自分を笑わせる要素こそが

「才能」と
呼ばれるものなのだと想う






あの日
あなたが

誰かに手渡した
優しさは


あの日
あなたから

受けとった
誰かの心を通し


今日は
あなたの知らない

誰かに
届いてる



風は
あなたの心を

掻き乱す
存在じゃなくて


風は
あなたの気持ちを

運んでくれる
愛しい友達





あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから




わたしの色は
頬紅の色

お化粧しなくても
頬紅の色


ふふふ
綺麗でしょ

ふふふ
素敵でしょ



---*---*---*---

可愛らしいなぁ~なんて
のほほん眺めていたら

実は結構
おしゃまさんな感じでした


それがまた
面白さでもあるのですけどね



私たちは誰もが
自分の色を持っています

そしてその色は
一色ではありません


この梅の花も
花弁は紅色ではあるけれど

花弁の中心部には
違う色があったり

花芯もまた
違う彩りの一つです


そして

それらの色の美しさや
それらの色の華やかさに

目を向けることは

自分自身の美を
見ることと繋がります



美しいものを見ることは
あなたの美しさを自ら認めること

華やかなものを見ることは
あなたの華やかさを自ら認めること



感動の方向に
意識を向けること

それは
きっと

あなた自身の生命を
尊重することにも繋がっていること


helmesin.png

helmesinn.png
souced by Hermes instagram


エルメスの職人さんの
手仕事の動画


お仕事中なんだけれど

1つの遊びに
集中してる子供みたいで

見ていると
こちらも微笑みが湧いちゃう



エルメスって
実際に遊びの要素があるようで


以前一度
ショップのスタッフさんが

聞かせてくれたお話で
よく覚えているのが


社長のお友達が
石を集めるのが好きらしく

(しかも
 大きな石なのだとか)

その石を運ぶために
紐が欲しいって話しから

石を運ぶための
革紐を創ったことがあるらしい



社長のお友達は
とても喜んだそうなのだけれど

実際にその革紐が
商品として店に入ってきたとき


ショップのスタッフさんは

これは何?とか
売れるの?とか

首を傾げたのだとか・・・

(ちなみに金額は
 10万円くらいらしい)



エルメスのように

高級で高価な物創りや
きちっとした物創りの職人世界って


(あ、でもね
 お店に実際に行くと

 1万円位で買えるかんざしとかも
 見せて貰えたりするのよ)


実際に覗いてみないと
勝手なイメージで

もっと厳格な
空気が漂っていそうだけれど



本当に良質で
長く受け継がれるものは


こんな風に穏やかで
こんな風に和やかな

遊びも含んだ
空気の中で生まれるものって


ファッションの世界は
教えてくれる



わたしが

産みの苦しみという言葉に
違和感を持つのは

きっと
こういう世界が好きだから



そして
こうして


穏やかさや
和らぎの中で

人の手で温められ
育った(創られた)ものだからこそ


それを持った人もまた
温かい気持ちを注いで

時代や世代を超えて
受け継がれていくものなのよね




あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから

fc2blog_20170217143754fe5.jpg


自家製
レモンの砂糖漬けで
ホットレモネード


レモンを皮ごと
摂るようになったら

身体が
ぽかぽかするなぁ〜と
想っていたら


おのころさんのブログで
こんな記事を発見

【五感器官からの大切なメッセージ。 】


触覚メッセージのところに
「冷え」があるのを見て


んんん??
もしや・・・

<<食物にとっての皮=境界線>>
という意味で


皮ごと
食することによって

身体が食べ物から
境界線の感覚を吸収してるのでは?


な〜んてことを
想ったのでありました



皮のほろ苦さって
意外と美味しいのでね


最近のわたしは
国産の果物なんかだと

お塩で皮を
こしこしこすって

お料理に
取り入れたりもしてます


fc2blog_20170217143807b51.jpg


これは

甘夏の皮と
ビターチョコレートを

ホットケーキ生地に
入れて焼いたもの


作り置きの分は
オーブンで温めるので

苺をトッピングしたまま
焼いてみても美味しかったわ




あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから




少~し前に
偶然見つけて

取り寄せてみた
チェコタガークリスタル



パッと
手にとった瞬間

魔除けになりそうなので
只今制作中です


(合いそうな金具を
 探しているところ)



魔除けと言っても
何者に向かって

しっしっ!!っていう
威圧的な感じではなく


自分にとって
不要になった

想いこみに
気づいたりとか

手放すときに
お手伝いをしてくれる


やんわりほっこりな
お友達のような感じです



できあがったら
またこちらにてお知らせしますね






太陽が照ってきた






想ったら

あれ?
おさかな?





波紋だ〜






想ったら

あれ?
顔に見える・・・





泉の真ん中に
お花が咲いたよ〜〜〜




・・・と
夜空を見上げる前に

お魚変化の絵を
描いていたのでありました


なんだか
面白い巡り合わせだわ



*この絵は続きます*





一昨日の夜
眠る前に

ベランダで
ふっと眺めた空


(0時過ぎてたので
 バレンタインなのよ)


ぽっかりと
浮かんだお月さまに

流れる雲が
織りなす形が素敵だった



昨夜もう1度
この写真を眺めたら

あれ?
お魚の形してない?





そして
実は

この空を
眺める前に


わたしが
描いていた絵は・・・



次の記事に続く〜☆




あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから




夜明けの空に
熊は目覚め

その足音を聞き
ネズミは移動する


ネズミが道を
軽やかに走っていると

美しき女性が
すれ違い

その手に持つ花の香りに
歓喜の声をあげる



キツネは
森で熊とすれ違い

新しい季節の
足音を感じている



女性は
道を歩きながら

道沿いの家の
犬に微笑みかけ


これから
大切な人に逢いにいくの


ふんわりと
話しかけている



港にやってくる
船の音が聴こえ

「またね」と
ウインクして

軽やかに
港へと歩いていく




【追記】

ネズミは熊に
場所を譲っているけれど

怖がっている感じは
まったくしなかったり


そのあとに
道ですれ違う女性の

花の香りに
歓喜したりしています



キツネもまた
熊の動きを見つめ

季節の変容を
感じたりしています



わたしたちは
熊のような大きな動物を

ネズミやキツネのような
サイズの動物から見たら

怖いものだと
想いがちなものだけれど


それは
もしかしたら

誰かの話す
熊の姿に翻弄されただけで


何かの
訪れを教えたり

何かの
キッカケを与えるような


本当は
とても優しい

教えを持つ
存在なのかもしれません



いつも

大きいなぁ〜と
感じていたようなものや

すれ違いざまに
見ているようなものに


ゆったりとした感覚で
目を向けてみると

くるりと変わる何かを
感じやすいかもしれません


*今日でこのカテゴリー
 100回目の投稿になりました
 なんか嬉しい〜*



【ルノルマンカードとは?】

ココ・シャネルが使っていたと
記述が残されているカードであり
(ココ・シャネル 伝説の軌跡より)

世界最古の女性占術師と言われた
ルノルマンが発祥のカードです


本来は36枚のカード全部を使い
ストーリーを組んでいきますが

こちらのブログでは
リーディングメッセージを

思い込みを作るものではなく
心で感じるものとして

数枚のカードから
浮かんだ詩を載せています





【ゆっくり手間をかけると
 お金の価値がわかりやすくなる】


という記事を
書いたあとにね


そう

言葉の遣い方や
そのリズムというのも

個性として
存在するのだけれど


『言霊』
というのも

確かに
存在しているもので



生きる方向や
生きる視点を

ふぅっと
変えていきたいとき


遣う言葉を
意図的に変える


ということも
存在しているわけで


これは

なんと
表現したらいいのかしらん?


首を傾げたときに


---*---*---*---

言葉をデザインする

---*---*---*---


というと

しっくりくるなぁ〜と
想ったのだわ



それは


丈の長すぎるパンツを
切ったり縫ったりして

着心地のいい
丈にするみたいに


自分を
何者かに変えるのではなく

自分の心地よさに添う
言葉にしていくということ






やっぱり

着ることと
生きることに

深い繋がりを
感じたのでありました



あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから




文旦のピール

ちょっと苦いけど
この苦味も美味しい



実はこれ

作ろうと思って
作ったものではないもの


このところ
レモンの砂糖漬けを

皮ごと
モリモリ食べていたら


体も温まって
心地いい感じなので

文旦もほぼ
皮欲しさに買ったのだわ



初めは
砂糖漬けでいいじゃ~んと

一晩寝かせて
やっぱり土鍋で煮てみた


土鍋で煮たものを
別容器に移しておいたら

くっつくから
焼こうかなぁ~となり


結局

文旦ピールに
なったのでありました



こうして

一回一回の作業を
分けてやってみることで


なるほど

これだけの作業と
時間がかかるのだなぁ~と

改めて
実感したときに


お金って
この手間のことよね・・・と

改めて
じんわりしたのでありました



わたしは

ブランド世界の
職人仕事とかは大好きで

実際に
生で見せて貰ったりもして


高価なものって
これだけの作業があって

高いんだなぁ~と
しみじみしたことはある



けれど
こんな風に

どちらかというと
身近に手に入るものに対して

お金の価値って
しみじみしたことなかったかも



父が亡くなった
小学生の頃から

料理をしていて
距離が近すぎたのかもしれない


自分の日常にある
料理という存在から

俯瞰の目で
価値と感じることが


ちょこっと
薄れていたような気がする



個性というものも
これに近いわよね


自分にとっては
当たり前のように表現している

言葉とか
色合いとか

そういう
リズムのようなもの


自分では
奇抜と想ってなくても

自分以外の
誰かにとっては

面白かったり
凄かったりすること



本当は
あなたの当たり前が

きっと
個性そのものということ


(あ、最後ちょっと
 話しがそれたわね)



あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから




ひらひらひら

花びらの開く

音がする


春の足音って

とことこだけ

じゃないんだね



もしかして

あなたが


足音が

聞こえないなぁ〜って

思っていたら



もしかしたら

それは


今まで

聞いたことのない


新しい

足音なのかもしれないよ




あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから




ホットケーキって
美味しくて好きだけれど

私は体質的なものも
あるのかしら

小麦粉だけのものって
身体が冷えやすい気がします


あと
腹持ちも短いかなぁ


でも食べたいよね
美味しいもん



・・・というわけで
お豆腐入りで作ってみました



---お豆腐入りホットケーキ--- 
  (約6〜7枚分)

卵 2個
砂糖 大さじ2

牛乳 150ml
絹ごし豆腐 100g

ヨーグルト 大さじ2

薄力粉 220g
ベーキングパウダー 小さじ1
重曹 小さじ1/2


1、卵を2個ボウルに割り入れ
  砂糖を加えて手早く混ぜていきます

2、牛乳を注いで混ぜ合わせます

3、絹ごし豆腐は軽く水切りをして
  手でほぐしながら生地に入れ
  ホイッパーで混ぜ合わせます

4、全体に混ざったら振るった
  薄力粉、ベーキングパウダー、重曹を
  混ぜ合わせていきます

5、生地に粉っぽさがなくなったら
  ヨーグルトを加えもう1度混ぜます

6、フライパンで
  ホットケーキの要領で焼いていきます



写真の
ホットケーキは

さつま芋の甘煮を
トッピングしています


これは
よく洗ったさつま芋を

8割〜同量のお砂糖と
ひたひたの水で煮たもの

仕上げに
レモンの砂糖漬けを加えてます


スーパーで売ってる
果実酢でもいいかも



生地に
お豆腐が入っているので

腹持ちもよく
ふかふかだけれど

もぐもぐと
噛んでる感触もあります


よく噛むと
脳も満足感得やすいのでね

もしかしたら

”脳にも優しい”
ホットケーキかも・・・?!






昨日の節分に開けた
福茶の中身


狭山煎茶
はと麦茶
黒豆
結び昆布
手焼玄米


表記されていて


わざわざ
飲む前に

どれどれ〜?と
小皿に出して観察しちゃう



こういう習性って
子供が

自分の家に
新しい機械が来たときに


機械の中身を
やたら覗きたがるとか

いちいち
カチャカチャ触るとか

そういう感覚に
とっても近いなぁ〜と


まじまじと
中身を観察する

自分を感じつつ
想ったのでありました



描くとか
書くとか

塗るとか
切るとか

そういうことも
きっと

これと
同じなんじゃないかしら



なんとな〜く
紙の上にくるくると

意味もなく
描いてしまう線でさえ


無意味で
無関係のようで

きっと
そうすることで

自分の中身を
見ているのだわね



意味もなく
すっきりすることって

本当は自分の
とっても深いところに

アクセスしている
瞬間なのだと想う




あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから

fc2blog_20170201112853fb3.jpg


『宇宙(そら)に胸を開いて』


あなたがまだ
小さかった頃に

あなたの
ちかくには

魂の元気が
足りない人がいて



たましいなんて
言葉は知らなくても

小さな
あなたは


あなたが
受け取ってしまったら

元気さえも
奪ってしまうのではと


その
手のひらを

閉じて
しまったのかもしれない



けれど
この広い世界には

魂の元気が
満ちてる存在が

本当は
沢山存在していて


そう
それは


月や
太陽が

晴れたり
曇ったりして

見えたり
隠れたりしても


その
存在自体は

いつも
そこにあるように



本当は
あなたに与えたくて

うずうずしながら
微笑んでる存在が

この世界には
本当は沢山生きている



受けとることに
躊躇いがあるのなら

胸を開いて
大きく腕を伸ばして


空から降って来る
エネルギーを

その胸の奥で
受けとめてごらん



そこには
あなたに与えたい存在の

息吹を感じとることが
きっとできるから




あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】

彩ね。へのお問い合わせはこちらから