家から
ちょっと出たところで

ちらっと
一人で見るつもりが


道端で
同志?!に出逢い

結局
まったり~になった日



iPhoneで
撮ってみたのだけれど

動画だったら
意外に綺麗に撮れるのね


そんなことも
プチ発見でした





スポンサーサイト




葉っぱの船が
集まって

大空の下
ちゅ~してる



見えないように
隠してて


言われた花は
失礼ね!

わたしは
目隠しじゃないわよ!

怒ったように
言うけれど


ほんとは
葉っぱの真ん中で

パッと開いて
見せ場があるのに

心の中で
ふふふと笑う



言葉では
怒ってみせてても

ほんとは
心で笑ってる


そんなことって
あるんだね









鍵を開けて
扉を開くと

そこには香り高い
花の咲く場所がある



ほんの少し
段差のあるその場所に

コトコトと
足音を立て降りて行き


色と香りを
堪能していると

カサカサと鳴る
花の音までも聞こえるようで


興味を持って
耳を澄ましてみる



聞こえた音と
聞こえた声に

不思議と
花に紳士を感じ


言葉にしきれない
驚きを

美しき人は
胸に抱いて感動する



驚きというのは
喜びのことでもあるのだと

目には見えない宝物を
あなたはそっと胸に抱きゆく







【ルノルマンカードとは?】

ココ・シャネルが使っていたカードと
記述が残されている占術です
(ココ・シャネル 伝説の軌跡より)

本来は36枚のカード全部を使い
ストーリーを組んでいきますが

こちらのブログでは
リーディングメッセージを

思い込みを作るものではなく
心で感じるものとして

1枚~数枚のカードから
浮かんだ詩を載せています



fc2blog_20160724234046b82.jpg


いつもより
ほんの少しだけ

ゆっくりドアを
開け閉めしてみる


いつもより
ほんの少しだけ

静かに物を
置いたり動かしたりしてみる



そうすると

日常の動きから
新たな自分が生まれてるって

感じることが
少しずつできてくる



頭にきてる人は
(頭/頭頂=第7チャクラ)

静かにドアを
開け閉めなどしないし

ゆっくりと物を
動かしたりなどしない




気づいたときに
ほんのちょこっとだけ・・・


静かにドアを
開け閉めしてみることは

ゆっくりと物を
置いたり動かすことは


穏やかな自分を
創造していくということ



自分以外の人が
大きな音を立てたとき

びっくりする人は
結構いるかもしれない


自分の空間で
大きな音を立てることも

もしかしたら

自分自身を
びっくりさせちゃってるかも



それならば
自分の空間で立てる音で


本当のあなたは
頭にきてないんだよ

本当のあなたは
穏やかでいられる人だよ


そんな風に
伝え育てていくことも

日常でできる
自分への癒しという行為







あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】


彩ね。へのお問い合わせはこちらから




道で見つけた
四つ葉のクローバー


その喜びに
頰を赤らめて

大切にしている
あなたという記録の表紙に

そのクローバーを
静かに描く



一見したら
クロスに見えるかもしれない

その紋様は
あなたにはクローバー



誰に
どう見えても構わない

けれど
きっと

その紋様への頬笑みが
あなたと他を繋いでくれる






【追記】

今日のリーディングは

*あなたの記録*ではなく
*あなたという記録*という表現に

書いている
私自身が驚きました


リーディングの面白さでもあり
葛藤でもある部分は

こういう自分の予想外の言葉が
ポン!!と湧いてきたとき


こんな言葉が?!と
私自身が驚くこともあります



そういえばちょっと
話はそれてしまうけれど

デュラレックスという
大好きな食器があります


日本人の女性が
割れづらい食器を手に入れたくて
輸入したことが始まりで

今は普通の雑貨屋でも
手に入れることができるものです


それは
デュラレックスという名があり

その名を辿ることで
知ることができた情報なのだなぁ~



名前を知ることで
その流れの歴史を知ることができる

そこに
目に見えることを超えた価値がある

そのことを
数日前に感じていたばかりでした



名前や
歴史というものに

そっと
想いを馳せてみると

新たな発見が
あるかもしれません






その封筒には
花の香りがついている



紙だけれど
花の香りがする


そのことに
あなたは

香りを
選ぶことができると


やんわりと
ハートで味わっている



香りを味わいながら
封を開けた

手紙からは
言葉にならない味がする


胸でも
味を感じてる

きっと
そんなこともあるのね





一杯の水を
ゆっくり飲み干すと

水からも
いつもと違う味がした






【追記】

今日の2枚引きは
なんとなく・・・


引くカードの枚数に
動機のある日もあれば

まったく動機なく
なんとなくの日もあります


それもまた
面白いところですよね






丘の向こうに
大きな雲があって

あなたの手元に
とても綺麗な花がある



大地に咲く
白い花を見つめていたら


あなたのドレスと
同じ色

きっと
お似合いになるわ




それは
そっと贈って貰えたもの



お気に入りのドレスは
お気に入りの花を届けてくれる



そんな

あなたと花とその人との
交わる風景を見て

雲は静かに
遠く風に流されていった







あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】


彩ね。へのお問い合わせはこちらから

fc2blog_20160725175659f1d.jpg


わたしが
リーディングを綴るとき
(主に追記部分ですね)

~しましょう
という言葉は

意識的に
使わないようにしています



これは

学校などのシステムや
古い親子関係などにおいて

目上の人から
投げかけられた言葉で

脅威を感じた
経験のある人には

ハートが
びっくりしやすい言葉だから


〜しましょう
という言葉って


自分以外の
周囲を取りまとめるとき

実はとっても楽な
表現だったりするんですよね



きっと~
~かもしれない

こういう表現だと
ゆとりがでてきます



そっか~

えっと・・・
自分はどうかなぁ?と

「わたし」を想う
「間」のようなものが

自然と
生まれやすくなります



それでも
この言葉に限らず

ハートが
びっくりする言葉を

目にしたり
聞いたりしたときは・・・?!



びっくりするとき
「わたし」という存在は

ハートから
ちょこっと飛び出してます

びっくりして
ちょこっとお出かけしています


だからって

飛び出ちゃいけない!!なんて
力んでしまったら

もっと
辛くなってしまいますよね



びっくりしたら

「わたし」の温度を

ゆっくり感じてあげる



胸の真ん中か
心臓のあたり

自分が
しっくりくる方に


そっと
自分の手を置いて

ゆっくりと
じっくりと

「わたし」の
「温度」を感じてあげる


そんな
些細な行為でいいんです






以前は自分が
変化していくということが

heng1.jpg


こんな風に
殻の中で茹で上がって

殻をバキッと押し上げる
イメージだった気がする・・・



これは
これでアリなのだけど

今は
どちらかというと

heng2.jpg


卵の殻の底に
気づきという穴が開いて

中から生卵が
とろ〜んと出てくるイメージ



生卵なら
料理もしやすいものね


そこから
茹でてもいいし

炒り卵でも
オムレツでも

スイーツだったら
ケーキやプリンにもできる


アレンジの幅が
広がるということなんだわ



絶対という言葉について
あとで見直してたのだけど

家にある本で
ガクちんのものには

結構な頻度で
絶対が使われていたから


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


対を断つことで
進みやすい人もいるわけで

それってきっと
男性性が強い人なのよね



女性性の強い人は
きっと生卵でいいのだと思う







空に
大きな雲がかかっていても

太陽は
変わらず存在している


もしかしたら
強く照っている日よりも

それは
柔らかく感じられ


太陽に
見ていたものを

あなたは
あなたに見出すかもしれない



それは胸に抱く
クロスのペンダントのように
とても愛しいもの



ペンダントはいつでも
取り外すことが可能で

あなたは
自由に眺めることも

新たな色や紋様を加え
作り替えを楽しむこともできる



そんなあなたを
見つめている眼差しは

とても
丁重に振舞ってくれる


それはあなたが
ペンダントに向けている

眼差しの温度と
どこか近いかもしれない





【追記】

今日は一番初めに
雲のカードが出たので

雲の
更に奥を見るイメージで

あとの
2枚のカードをひきました


見えていなく感じたり
見えづらいと感じてたものが

優しさや柔らぎとして
今そこにあるかもしれない


一拍
おくような感覚で

そんなことを
意識してみるといいかもしれません





なぜか
続編になってしまった・・・



動物には
威嚇行動があるけれど

人間の体も
威嚇を記憶してるのだと思う



動物は
自然界の中で


安心環境と
危機環境を

自分の居場所を変え
その都度反応が変わり


威嚇時は威嚇時
安心時は安心時

使い分ける筋肉が
鍛えられてるのだろうけど



人間の体って
強いトラウマの起きたとき

そのときの
危機的感情を

体の中に刻んだまま
生きているのだと思うのよね



リアルに
怖い体験をしたとき

怖いです!!と
素直に言えるならいい


けれど
大抵の場合

強い恐怖体験のときは
そんな言葉は出てこない


その分
お腹が膨らむことで

自分のことを
瞬時に大きく見せて

自分の危機的状況を
回避するのかもしれない



表層意識は
そんな反応が起きたことを

すっかりと
忘れてしまっていて

ぽっこりな
自分を

世間的なものさしで
醜いと感じてしまったりね



意識的にお腹を
凹ませてあげることは


もう怖くないよ〜
怒らなくて平気だよ〜

スレンダーな体で
人を魅了して平気だよ〜


体を変えることで
心に教えてあげるという

自分への
愛情表現とも言えるのかも






テーブルに置かれた
本の表紙が鮮やかで

その紋様に
あなたは心ときめく



挟まれている栞は
お気に入りのページ

いつでも
このページが開ける

そんな
あなたのためのしるし



大好きな本の中に
更にお気に入りがある

ひとつの愛しさの中には
更なる愛しさが存在してる



もしかしたら
これまでのあなたは

自分のことを
律してきたかもしれない


けれど
もう栞は挟まれている


それは
素晴らしいタイミングで

あなたに愛しさと
気づきをもたらしてくれる



あなたは
その手を

握りしめるためではなく
受けとるために差し出していて




【ルノルマンカードとは?】

ココ・シャネルが使っていたカードと
記述が残されている占術です
(ココ・シャネル 伝説の軌跡より)

本来は36枚のカード全部を使い
ストーリーを組んでいきますが

こちらのブログでは
リーディングメッセージを

思い込みを作るものではなく
心で感じるものとして

1枚のカードから
浮かんだ詩を載せています





きっかけは
ほんの些細なこと

一番はじめに
声をかけたのはわたし


それから
あなたとわたしが

今も紡がれ続けているのは
わたしのためかもしれない



衝動は
きっと知っていた



いつか
こんな風に

共に
分かちあうことを


この手から
すべて溢れ落ちたとき

あなたが
そこにいてくれることを



偶然という顔をした
必然があるということを

あなたはひと足早く
その心に結んでいて


その必然を
心に抱いて

今もこの世界に
生き続けてくれている



あなたが
生きていてくれるという幸せも

この世界に
存在しているんだね









大きな湖の畔で
夜空を眺めていると

湖面に映る
星の光を感じることができる


遥か遠く高い空にあると
思っているものも

水に映せば
とても近くに見ることができる



そっとその水を
手に掬って眺めると

夜空に舞う
蛍が手のひらにいるみたい


星が
蛍に

それでも
嬉しい気持ちは変わらない



心に光を感じるものに
大きさは関係していない



それは
湖や星から見た

あなたとしても
きっと同じこと




少〜し前に
反芻する怒りがあって

感じ切っても
呼吸を意識してもOUT



さ〜て
どうしたものか・・・


もう
知ら〜〜〜ん!!

半ば
投げやりになって


ん?と


突然
胃のあたりが気になった



そういえば
腹が立つって

お腹に
ガスが溜まる状態じゃない?


pokosuli15.jpg


もしかして
お腹のあたりを

意図的に引っ込めたら
落ち着くんじゃないだろうか・・・



"ぷんすかちゃん"という
キャラがお腹にいるイメージで


ガスを抜きま〜す!!と
怒ってない体になりま〜す!!でも可


鼻から息を抜きながら
お腹を引っ込めてみたら


pokosuli2.jpg


あらま
すっきり・・・



感情が体に溜まって
体が変形するのなら

体を意識的に変えて
感情を出すのもアリよね



吐き出すとき
わかりづらかったら

お腹に
手をおいて

すーっと
吐き出してみるといいかも


ehsak.jpg
この絵がここでも役に立った・・・


頑張って
押し出さなくて大丈夫

手の温もりに
包まれながら

さよなら〜って
送り出す緩い感覚でね




【追記】

体の癖も
1回で変わるわけじゃない

だから
気づいたらやってあげる


自分の体を
率先して触ってあげることで

今までと違う
自分への想いが

ふんわりと
湧くこともあるかもしれない





あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】


彩ね。へのお問い合わせはこちらから




艶やかな
馬にまたがり道を行く

そのリズムが
体に心地良く響いてる


毛並みの美しさに
気をとられながら

馬を歩かせているのは
私なのだと

ふと我に還り
少し前方を見る



この先に
少し大きな木陰がある



そう思ったとき
ひと休みしませんか?と

馬に話しかけられた
そんな気がした



馬は
共に旅する友

あの木陰で
休憩を兼ねて

共に
触れ合う時を緩そう


その瞬間の
涼しさを胸に抱いて






【追記】

いつも
見つめている方向と

ほんの少し
違う目線のところに

もしかしたら
発見があるかもしれません


心の中に
煌めくものを感じたら

ちょっと脇道に入るつもりで
見つめてみるといいかも








花を愛で
歩く少女を見て

枯れた地から
蛇がやってくる


自分の脇を
通り過ぎる蛇に

一瞬恐れて
少女は道をあける



そのまま
立ち去るかと思うと

少女の前で
動きを止めて


綺麗だね



蛇は微笑んだ



この道を入る前
蛇は怖いんだよって

お婆ちゃんは
言っていたけれど


こんな風に
微笑む蛇もいるのねと

なぜか
頰の綻ぶ自分に気づく


そもそも
花好きの蛇なんて

今まで
聞いたことなかったもの



なんだか
興味が湧いて

ありがとうと
ひと言返してみると

蛇は
苦笑いして告白した



ずっと
花が好きな蛇なんて

おかしいって
笑われてきたのさ


花を抱いて
嬉しそうにしてる

きみを見てたら
ぼくまで嬉しくなったんだよ







【追記】

昨日の花束のあと
花を持つ少女だったので

面白い繋がりだなぁ〜と
今日は意図的にもう1枚


臨機応変さも
フリーリーディングの良さですね


fc2blog_2016071916230756d.jpg


というわけで
3枚並べてみました


ささやかだと
思っているところに

実は意外な
連係があったりするかも





ehsak.jpg


手を前に組んで
会釈をするということ


接客業では
教わることなのだけど

ルールとして
教えられてるときって

この動作の
深い意味に気づけなかったわ



最近になって
外を歩くときとかに

手の位置とか
気にしているのだけど


後ろ手に組むより
手前に組んだ方が

前屈みにならないから
すっとして見える



そしてね
この手の位置

おへそか
みぞおちあたりがいいの


おへそのあたりに
手が添えられると

お腹が温まって
ほっこり感が湧きやすいから


そうすると自然と
微笑みやすくもなるものね



微笑もうとするより
微笑みやすい状態を

創っていく方が
無理がなくて自分にも優しい



ルールとして
伝わってきてるものも

根底には
大切な意味があって

マニュアル化されるうちに
単なる動作として

意味そのものが
失われてしまったものって

きっとあるのよね





今でも
ときどき

大したことないことで
落ち込んで



どうしようもない
誰かの言葉より


素敵と言ってくれた
愛情の言葉の方を

もっと深く
受け取れたらいいのになと


不器用さに
ふらふらすることもあるよ



道を歩いていたら
大きな蝶に出逢ったんだ

あとになって
この蝶は動きが早く

捕らえるのが難しいと
教えてくれた人がいたよ



そんな蝶が
目の前でひらひらと

羽根を広げたまま
ゆったり過ごしていたのは

この花の蜜が
美味しかったからかな



蝶という
優雅な存在は

美味しいものに長く止まり
不味いものにはさっと去る


蝶に
想いを馳せたら

ほんのちょっと
甘い香りが

口と心に
広がるのを感じたんだ










大きな花束が
手元に届き

その感動を
あなたは胸に抱いてる



ここにある
花たちは

あなたが
摘んだものではないけど


あなたが感動を
その胸に抱いたからこそ

この手元に
届けられたもの



初めは
花ではなかったかもしれない

もっと違う
何かだったかもしれない


ただ細やかな
感動という糸が

あなたと
花を繋いでくれている




【ルノルマンカードとは?】

デザイナーのココ・シャネルが
使っていたカードと
記述が残されている占術です
(ココ・シャネル 伝説の軌跡より)

本来は36枚のカード全部を使い
ストーリーを組んでいきますが

こちらのブログでは
思い込みを作るためではなく
心で感じるものとして

1枚のカードから
浮かんだ詩を載せています




50歳には
まだ年数があるけど

地曵さんの
FMで聞いた

語り口が
とっても面白くてね



10年後の自分を
想定しながら読むのも

なかなかいいかな〜と
手にとってみたんだけれど


思わず
ぷっと笑ってしまう文体で


おしゃれのセンスと
言葉のセンスって

もしかしたら
繋がってるのかもな〜


そんなことを
しみじみ思ってしまった



おしゃれの本だけど
写真とかはなくって

地曵さんの体験を交えた
エッセイテイスト満載だから


言葉で
表現されてるものを

それってどんな服?とか
それってどんな靴?とか

想像力を
膨らませながら読むと

面白さが
更に増すのも良かったわ



ご自身のことを
ババァばんざ〜い!!とか

スカッと
言っちゃう人なので


ファッションを
難しく捉えてる人でも

とっても気さくに
読めてしまえると思う







今日の地震
結構大きくてビックリ


心も結構
ぐらんぐらん〜として

落ち着いてから
iPhoneの中から

寛げる
ほのぼの映像探し



この間
りすの家に再訪して

ほぼ貸切状態で
こんな動画も撮れたんだわ



こちらは
お食事タイム

すっごく
間近で

葉を握ってる前足まで
よ〜く見えるでしょ

fc2blog_20160717192705730.jpg


何かのキッカケで
この可愛らしい姿

ブログにも
残しておきたかったから

今日が
いい機会になったかしら








真っ直ぐと
歩いてきた道で

ふたまたに
わかれてる道がある



遠くを見て
立ち止まり

足元を見て
ふと迷い

道端にある
草むらに目を向けると


ゆらゆらと
風に揺れている

クローバーを見つけ
気づけば駆け寄っていた



そして
クスリと笑う



ただ
心魅かれたものに

目がいっただけで
歩を進めていたことに



大きな樹に見守られ
小さなクローバーにときめき

あなたは
その道を歩いている




【追記】

今日は自然と
2枚のカードになりました

そして
「2」のカードの重なり


エンジェルナンバーや
タロットや数秘など

ご自身の
好きな分野での

2について
感じてみるのもいいかもしれません




*販売終了*


雨が
降っているから

悲しみを
抱いているとは限らない


樹は
水を得て

空の上には
踊る存在もいて

ひび割れた地は
雨で解けて修復される



歓喜の雨も
この世界にはあるから



雨を憂鬱と
繋げてしまうのは

どこかで聞いた
悲しい歌のせいかもよ



降る雨の中に
手のひらをかざして

その雨粒を
じっと見つめてみたら


あなたを
潤すためにある

宝石のように
見えてくるかもしれないよ






美しい絵が
描かれてる布の上に

ひとつの
指輪が置かれている



絵に描かれている花と
指輪の石の色は同じ

その調和の美しさに
感動しているあなたがいる


形は違っても
平面と立体でも

互いの色は
調和し溶け合っている



指輪をそっと
手のひらにのせると


手の色と
指輪の色も

手の形と
指輪の形も違うけど


それは
まるで

あなたのために
在るかのように

互いに
輝きあっている





あなたの内面美を視覚化する
【彩色メニュー一覧】


彩ね。へのお問い合わせはこちらから