*ここからの続き*

blancobl1.jpg

blancobl2.jpg

blancobl3.jpg

blancobl4.jpg
*すべての画像の解像度は下げてあります*




申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』

自分美に気づくアート
http://luna-love.jimdo.com/

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』
スポンサーサイト

firef.png


パソコンの
ブラウザを

GoogleChomeから
Firefoxに変えたのだけど


ブラウザ変更は
脳内検索作業の変更と

リンクしてるから
少しずつ慣らしてるとこ



それで
思い出したのだわ


あぁ〜
パソコンのフォルダも

自分の脳と
リンクしてるじゃない



それで
データで残してあった

過去に受けた
カウンセリングのメールも

ざっくりと
フォルダごと処分した


いつか
人生検証に

使えると思って
残しておいたけれど

データがなくても
脳内で自分で辿ればいい



捨ててみたら
案の定吹き出てくる


過去に抱えてた
矛盾や悲しみの中で

もう手放したと
思っていたものも


データの中で
生きていたのだわぁ〜



こういうとき
映画の中に出てくる


ロボットが
人と関わるうちに

嗜好や
思考を持ち始め

人間に恋をしたり
人間を守ってみたり


そんな
ストーリーでさえ

ノンフィクション
なのだなぁ〜と感じる








物を
捨てるときって

今とこれからの
自分にとって

不要な感情も
捨てるときなのよね



彩ね。は


これもう
要らないなぁ~という

物を
捨て始めると同時に


過去に自分に関わり
今は目の前にいない


他者への思い
他者への感情

そういうのが
浮上してくるのを感じる



共にあったときは
好きでいたわけだから


好きだからこそ
言えなかったこととか

好きだからこそ
伝えそびれたこととか


そういう
相手への思いの中で

我慢してたものが
浮上してくるのよね・・・



こういうとき
ただ捨てればいい

というわけではないことを

じんわりと
実感するんだわ



そっか

こんなこと
抑えてたんだね

そっか

こんなこと
我慢してたんだね


そうやって
自分に寄り添いながら

処分してくから
捨てる意味がわかって


不要なものに
気づくからこそ

必要なものが
浮き彫りになってくる



出すのが先
受け取るのは後


それは
他者に対して

差し出すのが先
受け取るのが後


という
ことではなくて


自分の中に
抱えこんできたものを

出すのが先
受け取るのが後



そして


自分の
内にあるものを

自分自身が
受け取れるようになったら


自分が
受け取ったものを

自分から
先に出していくということ



自分が自分から
受け取ったものこそ

特技であり
才能であり

自分にだけ存在する
唯一の財宝なんだもの



自分の中に
元々あるものなら

差し出しても痛くなどない
差し出しても苦しくなどない



産みの苦しみとは
自分の中にあるものではない

別ものを差し出すから
生まれてくる感覚なんだわ



上のシーンは
この映画のワンシーン




映画で見て
気になった台詞というのを

写真に撮っておいたり
メモしておいたりして

ときどき
見直してみるのよね



そうすると
ある程度ときが経った頃

あぁ〜
こういうことかぁ〜って

ストンと
落ちるときがくるの



思想も
植物の種のように

受けとった瞬間に
心の中に埋まって

時間が経つと
芽がふくもの



映画も
本も

音楽も
芸術も

1度見ただけで
終わりではなくて


見た瞬間から

自分の中で始まる
ストーリーがあるのよね




申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』

自分美に気づくアート
http://luna-love.jimdo.com/

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』

blanco.jpg
*この絵は続きます*


ブランコの揺れは
なんで楽しいんだろう?


そう改めて
自分に問うと

揺れてるのは
わたしではなく

揺れてるのは
ブランコだから



まぁるいわたしは
ブランコに揺られて

コロコロと
その上を転がってるだけ



そして
揺れというのは

大きく
なればなるほど

どこに飛んでいくか
わからなくて



子供心に
とっては

大きな揺れは
好奇心の源だけど


理性に
とっては

大きな揺れは
死を感じる瞬間で


そんなことを


お墓を目の前に
ブランコに揺られてた

あの時間を
思い出しながら思った



ひとりの
一生の中に

過去世も
未来世も存在してて


その狭間で
揺れ動いてるとき

理性は
動揺するのだろうなぁ~


その揺れの中で
感じる死というのは

新しい自分に
生まれ変わるよ~という

合図のひとつ
なのだろうけど



自分が
揺れてると思うと

やっぱり
怖くて強張るし


それが
ブランコだと

やっとこ
気づけた瞬間に

安堵を取り戻すように
人はなってるのかもしれない



ブランコの上で
転がってる球体は

絵にしたら
にっこり顔だけれど


それを
ときどき


猛烈に
忘れてみたり

突然に
思い出したりすることが


弱さや
浅ましさを抱く人間の

愚かさでもあり
優しさでもあるのかもね







夜中に
月が見たくなって

なんとなく
ベランダに出てみたら


すご~く
月あかりが強くて

月の周りが
虹色だったのよ~



そして
そして

暫く
じ~っと見ていたら


月の光と
雲の切れ間の形が

なんと
シャネルマークみたいに



シャネルマークって
第三の眼みたいよね~


第三の眼に
見つめられちゃったわ







あなたの劣等感を
傷つけたくないと

わたしに劣等感を
抱かせることで


わたしは
わたしを殺した

わたしは
わたしを呪った



そうして
わたしを呪うことは

他の
誰かを

呪うことだと
気づこうともせずに



あなたの
悲しそうな顔を見ても

ふ~んとしか
思わなかった

わたしのことを
冷たいなと笑えたとき



この空に
大きな弧を描いて

雲のアーチが
わたしを出迎えてくれた



たとえ
誰に

悪魔と
呼ばれてもいい


わたしは
わたしでいい

そんな
わたしでいい




申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』

自分美に気づくアート
http://luna-love.jimdo.com/

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』




昨日は
TOBICHIに行ってきたわ~


増田セバスチャンの
あっちこっち展


写真のように
目の前が墓地なので

撮るときも
内心ドキドキ・・・



墓地って
なんでドキドキするのかな?


って
死というものも

大っぴらに語られるのに
タブー視されやすいこと

だから
なのよね・・・



会場に入ると
3分間丸々1人で過ごせて

ブランコに揺られて
自分を感じてる間に


あぁ~
こういう揺れ


大人になると

心の揺れも
日常の揺れも

怖いな〜って
感じることがあるけど


そうだ
子供心では

揺れも本当は
楽しいものなんだよね

そんな想いが
ふつふつ湧いてきて



揺れという
不確実性というのを

子供はいつも
楽しんでいるんだよね


彩ね。が

子供を欲しいと感じるときは
こういうときだなぁ~

なんてことも
感じたりとかしてね



不確実性を楽しむ
子供がいるということは

きっと
自分の日々にも

新しい空気を
与えてくれそうな感じがする



セバスチャンさんは
こういう自分の中にある


遠いあの日
大人に抑えつけられた

子供心や
幼児性というのを


大切に大切に抱き
生きてきた人なんだなぁ〜

ということも
じんわりと感じた





この写真は
彩ね。の1番のお気に入り


光の加減で
偶然に撮れたけれど

光の反射が
曼荼羅みたいに映ってね



曼荼羅って
自己意識の集合体

そんなことを
いつも感じてるから


自分の心の風景と
この瞬間の写真が

なんだか
ハマった感じが嬉しかった



増田セバスチャンさん
名前は知ってても

前知識は
何も入れずに足を運んで


(実はインタビューも
 読まずに足を運んだ)


会場に置かれてた
この本のタイトルを見て

なぜ足を運んだか
しっくりときたわ





血縁という呪縛から
心縁という絆へと変換すること


それが
彩ね。にとって

描くことであり
書くことだから



そうそう
この展示では


感じた色を
表現してくださいという

お題のようなものが
あるのだけれど


こんな
原色風景の中に包まれた

自分の色は
ひと言では表せなくて


そんな自分に
戸惑ったりもしたけど



単色じゃなくて
多彩色ずぎるのよね

何色!とは
言い切れなくて


それでも
言葉にするのなら


全ての色を混ぜた
漆黒でもあり

全ての色を消した
透明でもあるなぁ〜って



漆黒の中から
生み出して

その色が消えたら
また漆黒から取り出すんだ



ishiki.png


ピラミッドの形も
長い時間

上昇志向に傾くことに
慣れてしまってる人には

昇っていくことを
意識しやすくなる形よね



この絵は
偶然この間

百合さんと
ゲリーさんの

瞑想誘導を
YouTubeで見つけて




実際に
やってみたとき

脳内で湧いたイメージを
絵にしてみたものなのだけれど


fc2blog_20160127204605cf6.jpg


ピラミッドというのは
自分の中にある

両目と第三の眼を結ぶ
三角形の線のことなんだわ



表面上にある
顕在意識が5%で

95%は潜在意識下に
沈んでいるという図形は

逆さにした
ピラミッド型になるから


彩ね。には
こっちの方が優しいな〜

って前に
こんな絵を描いてたのよね


それで

ちょっとだけ
描き加えてみたわ

fc2blog_20160127205513466.jpg


こういう
進化する絵も面白いわよね



gensenbl.jpg
*解像度は下げてあります*


彩ね。には

目に見えないものが
見えることがあって


それは
これまで

絵にしてる
ものだけじゃなくて


写真の中とかにも
感じることもあって


擬人的な存在だったり
妖怪みたいなのだったり

自然物の中に
見えることがとても多いのね



ただ
これまで

ほぼ視覚ではなく
脳内で見えてるので


これは
見えてるのか?と思って

見えてますとは
言わずにいたのだけれど



天使という
天界の存在

ハイヤーセルフという
高次の存在



これらの表現は
どういうわけか

高という頂点や
上を感じる言葉が多くて


スピリチュアルの中にある
言葉の使い方も

男性的な感覚が
多く含まれてるのかも〜〜



デヴィッド・ボウイのお話でも
書いたことだけれど


人は宇宙の塵から
オリジナルの惑星を

体内に持って
生まれてくるのだと思う


天使や
ハイヤーセルフという

天界の存在と
言われるものとの交信は


自分の中にある
惑星との対話という視点なら

女性に
とっても優しく伝わっていく



天使とは
自分の中にある銀河のこと



【追記】

これまで
身体アートとしてた記事は

こういう
女性(女性性)に

優しい読み解きを
ずっとしたかったからだ〜


というわけで
カテゴリーに

「女性に優しいスピリチュアル」

という
言葉を加えてみました





申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』

自分美に気づくアート
http://luna-love.jimdo.com/

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』




心配は悪だとか
不安は悪だとか

繰り返し言われて
言えなくなっていった


暗くなった気持ち
弱くなった気持ち



完全安心の世界に
そのとき達していなくても

完全安息の世界に
そのとき達していなくても


そうなることを
心で決めているなら


そこまでに向かう
すべての時間は愛しく

そこまでに向かう
すべての経過は愛しく



太陽が
月が


いつも
無条件で

私たちのことを
照らしているように


お金も
物質も

縁も
愛情も


そのときが
どんな状態であっても

受けとることに
何ひとつ条件などないはず



溢れるほど受けとろう
余るほど受けとろう


今が
どんな状態であっても

今が
どんな私であっても



この世に
悪が存在しないというのは

人生の過程すべてに
悪が存在しないということ



すべての過程は愛しい
すべての人生は愛しい



暗くなった気持ちも
弱くなった気持ちも


すべての過程は愛しい
すべての人生は愛しい




spece6.jpg

spece7.jpg

spece8.jpg

spece9.jpg
*すべての画像は解像度を下げてあります*


♫ラスト1枚はまた明日♫



*関連記事*
人は破壊し受精する 〜生の中に存在する死の図式〜
聖なる授精・1 〜破壊から生まれる生と性の感動〜




申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』

自分美に気づくアート
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』

chanel01211.jpg

chanel01212jpg.jpg


イネスの娘さん
シャネルのミューズになった


カールと
イネスが

ずっと
ずっと

素敵な交流関係を
築いてきた実りがここにある



去年は

ヴァネッサ・パラディの
娘さんも

ミューズに
なったばかりだし


chanel1126.jpg


ただ
こういう世代交代は

カールの
年齢的なものも

深く関係してるのかなって
思うときもあるのよね



こうして

若いミューズに
バトンタッチしていく

それは
今しか味わえない


リアルなカールの思想
リアルなカールの人生


それらを
彼女たちに

感覚として
引き継いでいくということ



カールだって
もう82歳だものね



高価で質の良い
ブランド商品というのは

ケアをすれば
世代を超えて使えるもの



今いる
店員さんでも

知らないような物が
修理に持ち込まれると


こういうお話は
エルメスの店員さんが

ときどき
丁寧に教えてくれるのだけど


物質を通した
揺るぎない歓びの絆

その
好連鎖の図式というのが

老舗ブランド世界には
溢れているのが好き



そして
こうして

過去のミューズから
今のミューズへと


こういう
世代交代も


思想
生き様


それらの
好連鎖の図式そのものなのよね


fc2blog_20160125154112d36.jpg


女でも
男でも

年上でも
年下でも


本当に
大好きな人に出逢うと

本当に
大好きな世界に出逢うと


本当に
大嫌いな自分にも出逢う



それはもう
あの日の

親や
他者ではなくて


大人になった
自分が

嫌いになった自分
閉じこめてた自分



そのときは
自分の内側から

パチンと
弾ける音がする


まるで
神社で

柏手を
打った瞬間のように



そして
思うんだ


これまで
待っていてくれて

ありがとう


これまで
信じていてくれて

ありがとう



自分の中にいる
大嫌いな自分のこと

大好きって
言えるようになるまで



待っていてくれて
ありがとう

信じていてくれて
ありがとう




izmobl.jpg
*解像度は下げてあります*


寂しさで
関わっても

何も
生まれなくて


切なさで
関わっても

何も
生まれなくて



この世界に

奏でられる

「ありがとう」って

響きの言葉は



心も
体も

生きてるなぁ~って
呼吸してるなぁ~って


自己存在への感動
自己存在への尊び



どんなときも
生まれ出ずるものは

わたしという
泉から湧き出ている


ずっと
ずっと


わたしは
それだけの泉を

持ち続けて
生きていてきたのに


どうしてだろう
いつの日からか

そこから
生まれ出ずるものを


嘘つきと呼び
無意味と呼び

無かったことにして
持ってないことにして



ほんとうの
わたしは

湧き出る泉
瑞々しい泉



オレンジ色の
太陽の光にのせられて

それは広がりゆく
それは繋がりゆく




申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』

自分美に気づくアート
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』




今朝
ふと目が覚めたら

一番
初めに

この光景が
飛びこんできたの~


夜に見る月も
とても綺麗だけど

朝焼けに見る月も
艶やかで美しいわぁ~



こういう淡い色
柔らかな灯火って

まるで
日本の着物のようで


そんな優しさ
そんな艶やかさ


それが

日本人の魅力であり
日本女の魅力であり

和の魅力
輪の魅力


そんなことを
感じながら眺めていたよ




blac1.png

blac2.png


彩ね。好みの
洋楽に多いのが


悲しみを
詩で表現してても

曲には
ポップさとか

驚くほどの
美しさがあること



Coldplayとか
エド・シーランもそうね



これは
彩ね。も


詩では
陰湿感たっぷりでも

絵や写真は
陽気さがあるようにしてて

(というか
 気づくとなってて)



このMVを通して
客観視してみると


言葉では
魂(心)の悲しみを

解放
癒しに導き


曲では
魄(体)の歓びを

感受
感染させていく



つまり

詩はアウトプット(告白)
曲はインプット(受容)


という感じで


自分で自分に
プロポーズして

自分で自分に
OKの返事してるのよね



というわけで
今日はこの曲な気分〜〜〜






申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』

自分美に気づくアートと占い
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』



*関連記事*
BlackStar論・1 〜わたしは宇宙人〜
人は破壊し受精する 〜生の中に存在する死の図式〜


ines1.png

ines2.jpg


イネス・ド・ラ・フレサンジュ


パンツスタイルでも
キュートだしお茶目だし

こういう
女性性の表現の仕方

高度だし
すっごく魅力的〜〜〜



髪を
ショートにする前は

髪が
長い方が

女の子らしくて
いいかもと思ってたけど


実際に
髪を切ってみてからは

可愛い〜
女性的〜

という反応の方が
断然多いのが面白くて



洋服も

もう少しの間
こってり感ある

乙女スタイルを
楽しむつもりでいたけど


一カ所
思い切って変えると

全体を
変えざるを得ないのは


日常も
容姿も同じことで


乙女スタイルから
ラフスタイルへと

どんどん
変化してきてるのよね



ヘアスタイルから
環境変化が起きるって

不要になった
エネルギーを飛ばして

内に籠めてた
エネルギーを解放する



髪の毛が
短くなって

1番初めに
スタイルの参考として

パッと
頭に浮かんだのがイネス



過去には

シャネルのミューズも
つとめたことがあるから


やっぱり
深層世界では

彼女とも
繋がりが深いのかも・・・

ines3.jpg


髪を切った日
帰り道に見た

銀座シャネルの
新しいウィンドゥ


もうすっかり
春の装いだったわ〜


fc2blog_20160120170834a77.jpg


こうして
ファッションは

常に
時代の先を歩いてて


一足先に
デザインに

ニューシーズンの
エネルギーを籠めるから


この世界を
見続けていれば

自然に
深層レベルで

未来感覚を
インプットすることができる



彩ね。は
デザインする側だから

こってりと
服で表現するより


視覚や
触覚から

エネルギーを
心にインプットして


それらを
アートや言葉として

世界に放つ方が
向いているんだわぁ〜〜



そういえば
ビルじいさん

写真を撮る時の
審美眼とは裏腹に

自分自身は
シンプルなのよね


服のデザインには
様々な要素があるから

服がシンプルな方が
心の中もシンプルに


その分

視覚から入って
心に注入するもので

自己感覚を
表現してるんだわぁ〜〜〜







深い
闇に包まれた日々


お金に
ならない日々は

わたしを
辛い現実から守ってくれた


お金に
なる日々は

わたしを
猜疑心から守ってくれてた



どちらの日々も
わたしには必要だった



どちらの日々も
わたしのことを守ろうと

一生懸命
心尽くして

わたしの心から
悪魔を取り去ろうと必死だった



取り去ろうと
必死になっていたのは

わたし自身が
悪魔と知っていたからだった




悪魔は
もういない



外側にいた悪魔と
内側にいた悪魔が

キスをして
手を繋いだことを


観じた瞬間
感じ合った瞬間


それは
天使へと生まれ変わった



【instagram Version】



申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』

自分美に気づくアートと占い
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』

seishi.png


BlackStarの
このシーンって


彩ね。には
死の瞬間だけじゃなく

誕生の瞬間も
感じさせてくれてる



あぁ〜

ここから生まれて
ここに死んでくのかって


闘病中に
もしかしたら

臨死体験をして
それを描いてくれたのかも



彩ね。は
洋楽を聴くとき

大抵曲から入って
MVで体感を感じて

そのあとに
和訳を見てみるから


この曲の歌詞の
ヘヴィーさというのは

あとになって
知ったけれど



やっぱり
それを読んでみて


---*---*---*---

あぁ〜

俺って
宇宙人なのにさ

よく
地球上で

自殺しないで
この生を全うしたなぁ〜

---*---*---*---


そんな
デヴィッド・ボウイの

自己存在全てへの
自分人生全てへの

そして
自らの質全てへの

歓喜と
賞賛いうのを感じた


dev3.png


なんだか
この動きなんて

宇宙語で
交信してるみたいじゃない?



そして
彼は宇宙人だったんだ!

そう
感じとったとき

彩ね。も
自分に対して湧いてきた


---*---*---*---

宇宙人だからさ

地球人との関わり方が
よくわからなかったんだよね


地球人の家に生まれて
地球人になろうとしたけど

やっぱり
宇宙人だからさぁ〜


数々の
人間関係の失敗は

宇宙人だって
気づけなかったからだね

(↑ってか
  気づくのが怖かった)

---*---*---*---


という
なんともいえない


自分の
これまでの

失敗に対しての
許しみたいなものが・・・



彩ね。の
よく聴くFMって

DJさんが
帰国子女とかハーフとか

そういう人が
とっても多いのね


日本人なのに
日本に馴染めないとか

日本人顔なのに
外国人気質とか

外国人顔なのに
日本人気質とかね



そういう過去を
音楽に救われた人たちが

リスペクトをこめて
ミュージシャンを紹介すること


そこに
すごく共感してたんだけど



彩ね。は

日本生まれで
日本育ちだし

確かに
周囲に馴染めなかったけど


なんでや?


混血の人とか
異文化育ちの人とか

こういう人たちに
共感を持つってのは・・・


って
ずっと疑問だったのよ



なるほど
彩ね。の場合は

宇宙人なのに
地球に生まれた葛藤が

心の中で
ずっと渦巻いてたのか!!


だからこそ
彼らの感性に共感したんだわ



まぁ
地球も

宇宙上の
惑星のひとつではあるので


宇宙上の
これまでと違う惑星の

違う文化の中に生まれて
スキルが足りないのに


自分の生育歴は

日本生まれ
日本育ちだから


地球人としての
スキルあるはずなのに〜!!

どうしてなの〜〜!!
え〜〜〜ん!!!


みたいな自分が
存在していたんだなぁ〜〜






ハッと
息を飲むような

艶やかな
美しきものに


人は
足を止めるけど


きみが
走り続けたままならば


きみに
見蕩れたい人は

足を止めて
見つめることができない



足を止めるとは
きみの艶やかさを知ること

足を止めるとは
きみの美しさを知ること



だから
あの日

足を止めてしまった
きみを

今のきみが
褒めて欲しいんだ



誰もが
前進することを

善だと掲げる
この世の中で

足を止める
勇気のあったきみを



艶やかさに
きみが見蕩れ

足を止めた
目の前の景色が

本当に
告げたかったことは



止まることは
美しいことなんだよ

止まることは
魅せることなんだよ



そんな
穏やかな世界の微笑み





spebl.jpg
*解像度は下げてあります*


わたしが

わたしを
表現してるとき


だれかが

わたしを
スピリチュアルと呼んで



それは
まるで

わたしが
わたしじゃない


特別な何かと
呼ばれてるようで

異質な何かと
呼ばれてるようで


わたしは
わたしという海の中で

長い間
違うともがいていた



けれど

だれに
どう呼ばれても


わたしは
わたしを表現してただけ



それを

スピリチュアルと
呼ぶ人がいるのなら


それは

わたし自身が
スピリチュアルということ



あなたたちは
わたしを見て

わたしだ~
わたしだ~

そう
呼んでいたのね



スピは素陽



そのままの
あなたの中にある

あなた自身に
陽を射す才能こそが


この世で呼ばれる
スピリチュアルという存在



それはときに
異質と呼ばれるけど


素の愛しさを
知る人のもとならば


それはつねに
本質と呼ばれるもの





Thank you to Pharrell Williams



申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』

自分美に気づくアートと占い
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』

seishi.png


デヴィッド・ボウイが
死んでからというもの

ヒルルクの死に様
彩ね。の中でリンクする



人は
肉体を持った瞬間に

宇宙の塵から
星を抱いて生を受け


生きているうちに
様々な煌めきから

抱いた星を
活性化させていく


そして
肉体を終えた瞬間に

抱いた星は
宇宙の塵にまた戻り


生ある世界を
見守っていてくれてると



アーティストが
死を迎えたとき

多くの人が
それらを手にするのは


肉体に宿っていた
アーティストの惑星たちが

生ある存在の中に
宿るだけ世界に散るからだ



そして
それは

生あるうちから
個人の肉体の中では

繰り返し
繰り返し行われている


自身を
活性化させた歓びは

体内にある
古い細胞を破壊して

破壊音と共に
この世界にばら撒き


他と結びつき
新たな細胞を既成し

新たな思想や
感性となって受け継がれる



こうして
人は

血の繋がりと
はまったく別物の

新たな人格や
新たな生き様を

手に入れて
生きていくことができる



彼の死の芸術は
彼の生の芸術を

最期に
愛を以てバラ撒いた


生の中に存在する
死の図式というものの

美しさや
愛しさを

デヴィッド・ボウイは
教えてくれているんだわ



バラ撒く

とは

薔薇撒く


ということ





申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』

自分美に気づくアートと占い
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』




解けかけの雪が
あまりにも美しくて

歩いていた
足を止めて

思わず
じっと見つめた



人は
ダイヤモンドの原石だ

そう
聞くと

ゴリゴリと
自分を研ぐことを

自分磨きだと
思ってしまうことがあるけど



本当は
この雪解けのように


陽のもとで
温もりに包まれて


優しく

蕩蕩と

溶けていくだけで


こんなに美しい
結晶になることができる

微笑みを呼ぶ
結晶になることができる



冬を
厳しいと言ったのは

誰だろう


冬を
凍てつくと言ったのは

誰だろう



すべての季節に
優しさはあるのに

すべての季節に
温もりはあるのに








あなたの持つ愛は


あなたが
生まれた瞬間から

すでに
この世界に撒かれてて


あの日誰かに
受け取られそびれた愛は

地面に落ちて
花を咲かせてるかもしれない



受け取られなかった愛は
消え去ってなんかなくて



あなたの得るものは
新しく得ているようで

悠久の時を超え
あなたに戻ってきたの



何もしてないなんて
言わないで


それくらいに
あなたはいつだって

あなたであるだけで
この世界に与えて生きてきた



命いっぱい生きてるだけで
この世界に感動を与えてきた



あの日
地面に落ちた種が


芽吹いたのを見て
微笑んだ人の歓びが

微笑んだのを見て
開かれた愛しさが


悠久の時を超え
あなたのもとに戻ってきたの






雨あがりって
言葉はあるけれど

雪あがりって
言葉は見かけないわよね~


と思って
あえて使ってみた



雪の降ったあとは
台風一過のように

空気がさ~っと
洗い流された感覚


これが
とっても好き



雪は
古い足跡を

降り積もって
優しく抱擁して


さらさらと
溶けて

温かく
洗い流してくれる



自分と
自分が

和を
輪を

紡ぐ世界



この曲を
やっぱり聴きたくなるわよね





この映画の
素晴らしさは

これは
みちの途中ということだ





キャロットラペ
大好きなのだけれど

お米より
パンに合うメニューよね


ということで
今回は

切り干し大根と和えて
和風キャロットラペにしました



---和風キャロットラペ---
  (約4食分)


人参 大きめ1本
切り干し大根 30g
塩 少々

●砂糖 大さじ2
●白すりごま 大さじ2
●ゆかり 大さじ1
●良質のオイル 大さじ2



1、人参を細切りにして塩をふり
  10分くらい置いておきます

2、切り干し大根を軽く水で洗って
  水に10分ほど浸けておきます

3、人参の水気が出たら絞ります
  切り干し大根も水をよく絞り
  食べやすい長さにカットします

4、●の調味料を全部混ぜあわせて
  3にあえてできあがり



オイルはね
好みので大丈夫と思うの


オイルって
結構香りもあるし

その香りが
そのときの好みというか

自分の感覚と
合うものだと思うから


彩ね。は
今回は米油を使いました

クセがないので
香り強いの苦手な人はおススメ



ゆかりは
実は

お酢を買い忘れて
代用で入れてみたのだけれど

なかなか
さっぱり食べられますよ〜





申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』

自分美に気づくアートと占い
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』