FENDIといえばファー
ということで

さすが!

こんな大きな
FENDIモンスターに遭遇



一緒に写真
撮ってもいいと言うので

遠慮なくばっちり
撮って貰っちゃった



店員のお兄さん
すご~く親切でね

納得いくまで
何回でも撮りますから!!と

1回撮る毎に
これで平気ですか?って

結局6枚くらい
撮ってくれたような・・・



ふかふかしたものって
触ってると安心するよね

このふかふか感
とっても好き



そういえば
ふかふかしたものって

ちょっと
自分が

強張ってきてるかも〜って
感じてきたときに

自分の中の
脱力感を感じたくて食べてるなぁ〜



食感とか
触感って

自分を
癒してくれるんだね


カールは
ファーデザインに

そんな想いも
こめているのかなぁ・・・



【追記】

feng.png


そうそう

この巨大カールも
ユーモアに溢れてたなぁ〜


ショップだけれど
単なるショップじゃない


お伽話のような
絵本のような世界


でも
それは

空想ではなく
現実に存在してるって


それを
こんな風に創れるのが

カールの
凄さなのよね




好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』
スポンサーサイト












あるとき
ふと

父親への
喪失感を思い出したときに


あぁ
この感覚

お金を出したときに
ちょっと似てるなぁ~と思った



なんか
心のどこかで

行かないで~って
追いかけてる自分がいる・・・



そしたら
ふっと浮かんだ

父親は
確かにそのまま

あの日家を出たまま
いなくなってしまったけど


お金は
出したら

大好きな物の形になって
私のそばにいてくれてるよねって



その途端
なんか溢れた

ふわぁっと
温かなものが溢れた



お金って
温かい存在なんだよね

人って
温かい存在なんだよね


それと

男性もね
温かい存在なのよね~



小さな私が
ふっと微笑んだ


じっと
勾玉を見ていたら

もしかしたら
この世界を描いてるのかも?!

って思いが
じんわりと湧いてきた



一度
手元を離れたものは

そこから
形を変えて


きちんと
目の前にいてくれたり

味や
場の体験として

この体の中に
優しく取り込まれてるのだ







この人
最近知ったけどいいよね


---*---*---*---

よー
そこの若いの

俺の
言うことを聞いてくれ

俺を含め
誰の言うことも聞くなよ


---*---*---*---


って
ズキューンって貫かれた

さすが
ピストルという名だけある



この人の言葉
本当にすごくて


--*---*---*---

教会で聖歌を歌っているのは
神様じゃなくて人じゃないか

お寺でお経を唱えているのは
仏様じゃなくて人じゃないか

--*---*---*---


はぁぁ〜

痒いところに
手の届く言葉って

こういうこと
いうんだなぁ〜としみじみ



前に
こんなこと書いたけど


彩ね。は
絵を描いているとき

目に見えない世界と
繋がってはいるんだけど


そうそう
人が伝えてるってこと

もっと深いところで
伝えたかったんだ〜って


この人の歌の
素晴らしさに

ズキュンしたのは
そういうことなのだわ




好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ〜じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』




体が
お豆腐を呼んでた日に

お豆腐たっぷりの
お焼き風を作ってみました


お豆腐の甘みが
とってもきいていて

なにもつけなくても
じんわり味わえますよ



---お豆腐たっぷりお焼き風---
  (8枚分くらい)


卵 2個
砂糖 大さじ2

塩 小さじ1/2
ヨーグルト 大さじ6
絹ごし豆腐 150g

薄力粉 2カップ

すりごま 大さじ2
玉葱 小ぶり1個
茎ブロッコリー 1パック

ごま油 適量



1、玉葱はみじん切りに
  茎ブロッコリーは
  食べやすい大きさにカットします

2、卵をボウルに割り入れ
  砂糖と塩を入れてよく混ぜます

3、絹ごし豆腐を入れて
  崩しながら混ぜていきます
  よく崩れたらヨーグルトを入れて
  全体に混ぜあわせていきます

4、薄力粉をふるい入れて
  全体に混ぜ合わせます
  ホイッパーを使ったあとに
  ヘラを使うと
  さっくりと混ざりやすいです

5、粉っぽさがなくなったら
  カットした野菜を混ぜ合わせます

6、ごま油をしいた
  フライパンをよく温めて
  弱めの中火で焼いていきます
  焦げ目ができたら裏返して
  裏面も薄っすら
  焦げ目がついたらできあがり



薄味の料理
食べ続けてみるとね

味わおうってところに
意識がとても集中するから

目に見えない感覚を
磨くのにもいいなぁ〜って



この間
ほぼ日で

皆川明さんが
賄い作るのが好きで


デザインの
インスピレーションの源が

料理にある感じなんですよねって
お話ししてたを聞いた

その翌日に
このお焼きを作ったのだけど



お料理の
美味しいって感覚って

体の心地良さに
チューナーを合わせてるから


お料理がそういう
体の指針になることで

心が受け取る
インスピレーションがあるのも


なんかねぇ〜
おぉぉ〜!納得だわ!!と

妙に感激しながら
できあがったメニューでした








サム・スミスの
コンサートに行った

FMのDJのお姉さんが
彼のトークの話をしてたんだけど



---*---*---*---

ぼくの作品は
悲しい歌が多いけれど

ぼくの全てを
受け入れられたという意味で

とても
ハッピーな作品なんだ

---*---*---*---



はぁ
なんて素敵な言葉なんだ・・・



悲しみを表現するって
その行為そのものが

悲しみを超えた
自分自身への

尊敬や
愛おしさを表現すること


痛くて
弱くて

ちっぽけな自分を
抱きしめてる自分を謳うこと



悲しい歌を聴いて
涙が流れるのは


悲しみを超えた
自分の生命力に

素晴らしさを感じたり
感動しているということ


たとえ


悲しみを抱いていても
超えられる自分

もしかしたら

すでに超えている自分を
無意識に感じているということ



ちっぽけな自分を
歌っていくことが

おおきな自分を
表現することになるって


それ
そのものが

人の
とても面白い仕組みだと思う



最近になって
身体記憶というのを考える

心に残ってる記憶と
体に残ってる記憶と


人には
その両方があって


音楽には
理屈ではなく

体感として
身体記憶を解す役割があるって


ものすごく
感じるのよね



このブログでは
身体アートと呼んでるのだけど

今の
彩ね。は

自分の絵で
身体記憶を解すというのも

試みることが
じんわりと楽しいんだよなぁ〜





好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』

sample030.jpg


このトカゲは
彩ね。の夢から生まれたんだ


今年の7〜8月は
蛙がよく出てきたけれど

9〜10月は
蛇やトカゲが多かったなぁ〜



蛇というと
BVLGARI SERPENTI

blja1.png


ブルガリ展自体
とても素晴らしかったけど

この蛇の
感覚を読みたかったのも

ブルガリ展に足を運んだ
目的のひとつだったのよね



蛇は
脱皮する生き物

トカゲは
尻尾を切って再生する



これって
女性の月経と重なってて

蛇を纏う女性の
艶かしさはここにあるんだわ〜



女性らしさって
変容への大らかさでもある



地を這う生き物を見て
可愛い〜〜〜!!って思うのは

こういう艶かしさに
可愛らしさを感じてるからなんだ〜〜









きみに好きだと伝えたら
嫌われると思ってた

きみに好きだと伝えたら
去られると思ってた


そんな錯覚に
今でも陥ることがある


嫌われることが
負けだと思って

去られることが
負けだと思って


負けたくなくて
きみへの好きを封じたら

ぼくへの好きも
見えなくなっていっちゃった



きみに好きだと伝えたら
嫌われると思ってた

きみに好きだと伝えたら
去られると思ってた


ある日好きだと伝えたら
心は血まみれ血みどろさ

血みどろの中から
温かなものが溢れ出してきた


忘れようとしてた
ぼくの姿が溢れ出してきたんだ









会話を取り戻した
悲しいお姫さまは

今日は
森の中を歩いています


太陽は
キラキラと照っていて

とても
温かな陽気の日なのに


なんだか
お姫さまは

ちょっと
冴えない表情です



歩き疲れて
樹に寄り掛かったお姫さまに

大きな樹が
話しかけてきました



なんか
冴えない顔をしてるねぇ



お姫さまは
ぶすったれた顔をしています

そのまま
また口をききません



まぁ
いいさ

気が向いたら
話しかけておいで



樹が
そう呟くと

お姫さまは
とてもびっくりしたのでした



え?
気が向いたらでいいの?



樹は
応えました



そうだよ
なんでだい?

今まできみは
どんなふうに話をしていたんだい?



お姫さまは
やっとお話できるようになって

お話するのに
必死になっていたのでした


初めの頃は
お話する相手がいることが

とっても
楽しかったのだけれど


そのうちに
お話してないと

鳥がそばに
いてくれなくなる気がしたのです



鳥が
お姫さまの声を聞いた日

嬉しそうにしたのが
なんだか忘れられなくて


お話することが
鳥を喜ばせることなのだと

ちょっと頑張って
お話しするようになってました



ははは
そんなことをしてたんだね

それで
疲れて冴えない顔を?



お姫さまは
ぶすったれた顔のまま

小さく
その場で頷きました


樹は
更に続けます



ねぇ

きみのその
ぶすったれた顔を見て


ぼくが
はははと笑ったことに

きみは
気づいているかい?


きみがなにも
呟いていない瞬間に

ぼくが
微笑んでいることに

きみは
気づいているかい?



お姫さまは
大きく首を振りました

いいえの
首の振り方でした



きみが
なんにも話してない間

ぼくが
感じていたのはね


きみの
肌の温もりだよ

きみの体から
とくとくと流れる

きみの
命の音色だよ


きみが
ここまで歩いてきて

疲れて
ぼくに寄り掛かってくれて

ぼくは
きみの温もりを感じたんだ


きみが
ここにきてくれた

それだけで

ぼくは
ほっとしたんだよ



お姫さまは
ぽろぽろ泣きだしました

強がりなくせに
本当によく泣くお姫さまです



その日
お姫さまは

沢山泣いて
樹に寄り掛かってうたた寝をしました


そして
まだ少し

ぶすったれた顔の
余韻を残しながら

ちょっと
気持ちはすっきりとして

お城に
帰って行きました



樹は
ぶすったれた余韻を残した

悲しいお姫さまを
優しく葉っぱを揺らして

可愛いよという
メッセージと共に見送りました



その日
城に帰ったお姫さまは

ぶすったれた顔のまま
鳥にひとこと



今日はもう
なにも喋らないよ
おやすみ!



と言って
ベッドにもぐりこみました



喋らないよって
喋ってるよなぁ・・・と

鳥はくすっと
静かに笑って

お姫さまの寝顔と
夜空を眺めて過ごしました



夜空の月は
お姫さまを見守りながら

苦笑いして
自分を見つめる鳥を

静かに
微笑んで見つめていました




好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ〜じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』





あなたが
この世界から消えた日


わたしは
あなたに必要ないのだ



わたしは
せかいに必要ないのだ



後ろ手で
口をつぐんだ



あなたに
必要とされていないなら

せかいに
必要とされていないなら


好きだとなんて
伝えたくなどないと

後ろ手で
口をつぐんだ



つぐんだ口の
奥に響いていたのは


あなたに
必要とされたい

あなたを
必要でありたい


必要とされたいのは
必要でありたいから


あなたに
好きと言われたい

あなたを
好きでありたい


好きと言われたいのは
好きでありたいから









アナ・ウィンターにも
こんな時期があったんだよなぁ~


この映画を
初めて見た頃は

闇って
夜空だと思ってたけど

今は
地中だなぁって感じる



でも
きっと

この感覚にも
段階があるのよね



思春期に
反抗しきれずに


怒りとか
憤りとか

発したことが
なかった段階では


打ち上げ花火みたいな
爆発的イメージが大切だから



バーンと
打ち上げたそのあとは

火花は
地上に降りてくる

地上に降りた火花は
種となって地中に宿る



目に見えるものを
目指す必要のある時期と

目に見えないものを
目指す必要のある時期と


どちらが優位で
どちらが劣位でもなく

どちらも生きていく上で
とっても必要なこと



この人って
厳しい人に語られがちだけど


この人の姿を
そのままに感じてみたときに

彩ね。が
感じていた色というのは


ピンクとか
イエローとか

少女っぽさというか
天真爛漫なのよね



これだけは
初めから変わらない



アナって
歩くアートな人だ

そして
歩く広告塔でもある



自分そのものが
アートという自覚

自分そのものが
広告塔という自覚


これは
デザイナーと同じだから


技術者として
作品を創りあげる人が

自分とは別に
必要な人でもある



彼女は
世間的には

花火の部分を
見せて生きている人


彼女の優しさは
目に見えない優しさで

それこそが
地中という子宮(女性)部分だから

世間的には
厳しく(男性的に)見られるのかもね










グレースは
アナと組んで

20年以上になる
VOGUEのエディター











アナと
グレースは

太陽と
月のような違いがある


互いの質の違いを理解し
リスペクトしあう関係性


それは
互いの

ファッションの
違いからも見えるけど

どちらも素敵
どちらも尊い







好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』




なにかあったら
そばにいるよと

きみに
伝えたけれど


ほんとうは
なにもなくても

きみの
そばにいたいんだよ




好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ〜じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』




小さいヤツは
ちょっと嫌なヤツ

小さいヤツは
ケチなみみっちいヤツ



小さなあなたに
すごさを感じよう

小さな一歩に
すごさを感じよう



星は
知っているよ



小さいものが
繋がって

描く
世界があることを




好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』

pal1.png

pal2.png


パリス・ヒルトンって
とっても大好きなセレブなの



生まれつき
資産が山ほどある環境下で

自分の好きなことを
見失うことなく


デザイナーや
ミュージシャンや

モデルや
DJとして


ずっと
活躍し続けているところが

とっても
好きなところなのね



生まれつき
資産が山ほどあるということは

なんにもしなくても
与えられるような環境の中で


働く意義を見出すとか
本当の好きを見出すとか

それもまた
とても難しいことで


やっぱり自分の心を
とても大切にしてるからだと

彩ね。は
すごく感じられる



ミュージシャンでも
タレントでも

大金を稼いだら
活動をやめてしまう人がいて

どうしてだろう?って
とても疑問を持っていたのね



(ヒッキーとか
 明菜ちゃんとか

 意識的に
 心の静養が必要な自覚の上で

 休んでる人は
 また別の話ね

 この時期の心の栄養は
 更なる好きへと繋がってくから)



だって
好きなことだったら

どんなに
大金を得たとしても

それをやらなくなったとき
心は朽ち果てていってしまう



そんなことを
考えていたときに

思い浮かんだのが
パリス・ヒルトンなんだわ


本当に
好きなことだったら

億万長者になったって
人は続けているんだなぁ~って



金持ちになったら
怠惰になるとか

金持ちになったら
ダメ人間になるとか



そんなのって
こんな風に

生き生きと
楽しく過ごしてる

金持ちのことを
見てない人が言うことよね





彼女の作る
音楽もとても好き




好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ〜じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』




彩ね。の
メルマガ

彩ね。自身も
使ってるのだけど

今週
自分が選んだのは


---*---*---*---

子供の頃の「好き」から
今の自分へのギフトを

---*---*---*---

という
項目だったのよね



でもね
初め自分でも

正直あんまり
パッとしなかったの


そしたら
突然降ってきたのよ~

しかも!
やってから気づいたの



それは
「物語を書く」ということ

子供の頃
童話か絵本を書きたかったの


資料を取り寄せたり
構成を練ってみたり


実は
小学校高学年の時に

密かに
やってみたりしてたのだけど


ぜ~んぜん
何も浮かびません!!



20代になってからもね
歌をやってた頃に

ユニットを組んだ子の
歌詞をモチーフにして

短編小説
1度書いてみたけど

もうね
必死さが滲み出てて・・・



撃沈・・・



こりゃ
ダメだわって

そこから
すっかり諦めてしまった



このブログで
詩は書いてるけど

物語を書くのと
詩を書くのでは


やっぱり
脳の使いどころが

全然
違うんだよねって

長いこと
感じていたから


童話を作りたいとか
絵本を作りたいとか


思ってた過去の
存在さえも忘れてた



それがね
このお話を書いたあと


あ~
あ~

子供の頃
これやりたいと思ってた!!


ってことに
はたっ!!と気づいたの



本当に
とても素朴な

喋るのを封じたお姫さまが
喋れるようになるお話しだけど

このお話は
彩ね。には

とても
大切なお話し



考えるなんてこと
微塵もない状態で

ふわぁって
浮かんできて

自然に書けたことも
とっても嬉しかったなぁ〜〜〜





好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』




さつまいもって
女性は好きよね


この煮物は
ほんのり甘い仕上がりなので

おやつにも
おかずにも食べられる

とっても
便利なメニューです



---さつまいもと人参の甘煮---
   (4〜5食分)


さつまいも 400g
人参 180g
おろし生姜 小さじ1/2

砂糖 大さじ2
塩 小さじ1/3
酢 大さじ3

水 かぶるくらい


1、さつまいもはよく洗い
  約2cm幅にカットします

2、人参は皮を剥いて
  約1cm幅にカットします

3、お鍋にさつまいもと人参を入れ
  砂糖・塩・おろし生姜を加えたら
  野菜がかぶるくらいの水を入れます

4、中火で15分くらい煮て
  野菜が柔らかくなってたら火を止めます

5、お酢を加えて混ぜたら
  粗熱を冷ましてできあがり



さつまいもの
ぽそぽそ感が苦手な人も

しっとりと
味わうことができますよ〜



冬場は特に
体ぽかぽかしたいから


生姜を
しっかり味わいたい人は

おろし生姜を
刻み生姜にしてもいいよね





好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ〜じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』




Coldplayって
ジャケットも素敵よね

クリスの声も
セクシーで大好き



ところで
今日

FMのDJが
面白いことを話してた



曲で
言ったら

Oasisの方が
カッコいいけど


自分の娘が
リアムを連れてきたら

絶対に
結婚はさせたくないぞ〜



でも
Coldplayのメンバーは

みんな
安心感があるじゃないか


もし娘が連れてきたのが
クリス・マーティンだったら

よし!!
いい男連れてきたって言うな


ってね



男が男を見ると
そういう見方になるんだな〜

男親が
娘の男を見るって

そういう
感覚で見るんだなぁ〜〜〜



確かに
リアムって

カッコいいけど
危なげな雰囲気あるなぁ〜


それで
クリスって

純粋さとか
繊細さとか滲み出てて

とっても
キュンキュンするわよね





でも
腕とか鍛えられてて

そこが
またいいんだよなぁ〜






ちなみに
彩ね。は

ノエル兄さんのが
リアムより好みなのだ


---*---*---*---

素晴らしい曲?
曲が俺の元にやってくるんだ
空から降ってきたものを
ただ掴めばいい

---*---*---*---


うぉ〜
これって


俺が
曲を愛してるっていうより

俺は
曲に愛されてるぜ!って感じか〜


すげ〜
すごすぎる



(リアムネタなのに
 リアムをのせずに終えるってアリか?!)







fc2blog_20151118145447f60.jpg


これは
どこかの国の

悲しい
お姫さまの話



王妃は
遠い昔に亡くなりました

王様は
遠い昔に出て行きました


王様が
出て行った日に

お姫様は
王様と喧嘩したのです


そして
いなくていい


言ったのです


翌朝
目が覚めたら

王様は
いなくなっていました



お姫様は
その日から

ひと言も
喋らなくなりました



私の言葉は
人を遠ざけてしまう

私の言葉は
人を去らせてしまう



だから
2度と喋らないと

そう
決めたのです



城の中にいるときも
森の中を歩くときも



何年も経った
ある日

お姫様の
城に

一羽の鳥が
やってきました



鳥は
怪我をしていました


冷たい
ふりをしていても

本当は
寂しかったお姫様は


鳥を
手当することにしました



数日経って
鳥は元気になりました

鳥は
お礼を言いました


お姫様は
それでも喋りません


鳥は
それが

不思議で
不思議でたまりません



鳥は
お姫様に聞きました

なぜ
喋らないの?


それでも
お姫様は喋りません

それでも
鳥は喋り続けます



これまでの
自分の人生のこと

この城に
辿り着いた日のこと


しつこく
しつこく

話しかける鳥に
お姫様は怒鳴りました



黙ってて!!と




とお姫様が気づいて

また
鳥も去ってしまうと


ほろほろと
泣き出すと


鳥は
隣にやってきて

お姫様に
こう言いました



よかった
やっと話してくれた

とても
綺麗な声をしてるね



どんな言葉でも
鳥は聞きたかったのです

鳥にはお姫様の
声を聞くのが夢でした



どうして
あなたは

私の前から
いなくならないの?

お姫様は
鳥に聞きました



鳥は
答えました

あなたの
本当の声を聞きたかったから


声には
温度がある

声には
香りがある


あなたが
どんな話をしたとしても


わたしは
あなたの温度が好きなのだと

わたしは
あなたの香りが好きなのだと



だから
だから

助けてくれたから
それだけじゃなくて

ずっと
ずっと

あなたの声を
聞きたかったのだと



その日から
お姫様は

やっと
1人じゃなくなりました


鳥の前で
涙を流したその日から

やっと
1人じゃなくなりました



悲しいお姫様は
悲しみは抱えているけれど

お姫様の言葉に
寄り添ってくれる者がいると

やっと
知ることができたのでした


その日から
お姫様は

少しずつ
お話しするのが楽しくなりました





好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』




彩ね。にとって
それは父の死への悲しみ


ある日突然
勝手に死んでいって

遺体さえ
見ることができなかった



遺体を
見られないという事実は

いなくなったものを
いなくなったと確認できないこと


事実を確認できずに
いなくなったことにすることは

強引にいなくなったんだと
言い聞かせることでしかなかった



今日から
いなくなったんだ

いなくなったと
思わないといけない


そう
思うほどに

悲しむ余裕など
なくなってしまった



本当に
いなくなったの?と

本当は
誰かに詰め寄りたかった


嘘だと
言って欲しいと

泣きじゃくって
パニックを起こしたかった



昨日の夜
父を思っていたわけではなく

まったく
予期しないキッカケで

突然
涙がぼろぼろと溢れ出した


涙が
溢れ出してから

父への
悲しみだと気づいたのよね


怒りや
憎しみの存在には

薄っすらと
気づいていても

悲しんでいたことは
すっかり忘れてしまっていた



怒りや
憎しみの奥には

大好きという
気持ちが潜んでいる


大好きだったのに
突然いなくなったことで

私は父に
裏切られたような気持ちになった


だから
心の中で拳を握り締めた


私は
あなたの死を

決して
悲しんでなどいない・・・と


私は
あなたのことを

決して
好きだと思っていない・・・と



泣かないことで
父の死を認めようとせずにいた

そんな自分も
心のどこかにいたような気がする



【追記】

この記事を
書き終えてから

「私って男好きじゃん」

って
気持ちが

いきなり
ぶわ〜っと湧いてきた


えぇえ?!
男好きって気持ち

もしかして
これまで隠してたの??と

これまた
自分でビックリ


なんだこれ
面白すぎるんですけど・・・




好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ〜じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』




私は
待ちたかった

たとえもう2度と
帰ってこないと知っていても

あなたを
待ちたかった


たとえもう2度と
帰ってこないと知っていても


ただ
待っていると

あなたに
言うことができれば

それだけで
良かった





好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』

tensis6bl.jpg


彩ね。は
夢でも日常でも

動物とか
好きなアーティストとか
ファッションとか


リアルなものから
インスピレーションを貰って


絵にしていくこと
メッセージを読み取ること

とっても
多いのだけれど


この間は珍しく
天使がふっと浮かんだのよね



しか〜し
やっぱり彩ね。が描くと

好きなモチーフの
集合体みたいになって

結局は
リアルな存在となっていく





天使が浮かぶこと自体
とても珍しいことなので

友人に
連絡したら

ハニエルって
金星を司る天使が居るよ〜と



ほほぅ〜
天使っていうのは

惑星との
関わりがあるんだな・・・


というところで
ピンときたんだわ〜



天使って
異世界存在のように

表現されることが
とっても多いけれど


惑星の持つ
エネルギーそのものを

人間がわかり易いように
視覚化したものと考えれば

生命のシンボルとして
リアルな存在になるんだな〜





好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ〜じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』




曼荼羅アート
塗り絵してみたのだけど

A4サイズの紙
1枚塗り終えるのに

気づいたら
3日くらいかかってたわ



塗り絵って
無意識に働きかけるよね

言葉にならずにいた言葉が
自然と湧いてくる



今回の
彩ね。の場合

父親に
感じていたものだったけど


当時
あまりの死の突然さと

もともと
不在時が多かったから


いたのか
いなかったのか

どこか
ぼんやりと

実感しきれずにいたものが
自然に湧いて戻ってくる感覚



これ
心というよりは

体の中に
溜まっていたものが

自然に湧いて
流れ出していくのよね~



遊んでるうちに
勝手に湧いてきて

遊んでるうちに
勝手にスッキリするって

これほど楽ちんで
面白いことはないわ〜



遊びとは
自分籠りのこと


山に籠って
修行なんかしなくても

遊びという
自分籠りをしていれば


自然と
自分は湧いてくる

自然と
自分は目醒めてく




好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』




あ〜
この動画

あまりにも
素晴らしすぎるわ


まるで
2時間映画を見たみたいな重厚感


1分の動画で
これだけのものを伝えられるって

ファレルって
どんだけすごいんだろう・・・


---*---*---*---

時間の中に
濃度を籠める

---*---*---*---


その体感が
この動画の中には注入されてる



y23.png

y24.png

y25.png

y26.png

y21.png

y22.png


彩ね。の
名言ノート

2冊目の
1番初めのページは

この言葉に決定〜〜〜





ロック・オブ・エイジズを
見ていて

キャサリン・ゼタ=ジョーンズって
イケてるなぁ~って思ったのだけど

彼女って
双極性障害の治療受けてるのね



双極性障害って

躁状態と
鬱状態を

繰り返す事を
言っているらしいけど

そういう感覚なら
彩ね。もよくわかる



彩ね。自身

躁と鬱の質の
両方持ってる自覚があって

表現活動の中で
使いこなすまでは

日常の中で
感情の起伏が極端だった


本当にね

天上に一気に
バ~ンと上がったら

地面に一気に
ド~ンと墜落する感覚



ミュージシャンって

喜怒哀楽の
全てを表現する人が

とても
多いのだけれど


絵を描く人って

ある種の
一貫性が存在していて

陽・光・明の表現の人と
陰・闇・暗の表現の人と

そのどちらかという人が
圧倒的に多い



でもね
彩ね。の場合は

どちらも表現して
バランスがとれる


1人の人間の中に
昼と夜が混在していて

そのサイクルが
心身の中で頻繁に起きている

言葉にすると
そんな感じ


ユーモアや
歓びを表現したいサイクルと

ダークや
刹那を表現したいサイクルが

面白いくらいに
交互にやってくる



どちらか
片方ばかり表現してると


こっちだけだと
な~んかつまらん・・・

こっちだけだと
なんか飽きてくる・・・って


自然に
心が発動し出すから


明を表現したり
暗を表現したり

笑いを表現したり
泣きを表現したり

歓びを表現したり
刹那を表現したり


この繰り返しを
絵や詩の中ですることで

日常生活の中で
気持ちの浮き沈みはあっても


どか~ん!天上に上昇
どか~ん!墜落みたいな

極端な状態からは
回避できているのよね



昼には
昼の

賑やかさや
華やかさが存在して


夜には
夜の

静けさや
美しさが存在してる



どちらの質にも
どちらの世界にも

各々の魅力が
存在しているから


この魅力を
非日常表現の

遊び部分で
活用していくと


表現の幅も
自然に広がっていくし

日常の中での
起伏はなだらかになる



つまり
感情の起伏の幅とは

自分の可能性の幅の
大きさでもあるのよ









好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ〜じ』


自分美に気づくアートとセラピー
http://luna-love.jimdo.com/

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』