美しいものには
自然に心奪われる

喜びや
安らぎを

感じるものには
自然に心奪われる



奪っていい
奪っていい

きみに心奪われる人の
心を奪っていい


奪っていい
奪っていい

きみに心奪われる人の
時間を奪っていい


奪っていい
奪っていい

きみに心奪われる人の
人生を奪っていい



きみの美しさを
きみ存在の喜びを
きみ内部の安らぎを

その人は
愛しているのだから









スポンサーサイト




エトネの
チェスターコート

これね
とても素敵な頂きもの


メンズ物なのだけど
ドット柄がとても可愛いから

彩ね。が着ても
全然違和感がないし

軽くゆるっと着られる感覚も
とても好きなんだぁ〜〜〜


グッチのスカーフを
クルッと首に巻いてから

コートを羽織ったら
可愛さがUPして

気持ちも
華やかになれるのもいい



このコート
何が素晴らしいかって

着ているとき
ふんわり包まれてる感触


これが
作り手の優しさなんだな〜

これが
作り手の愛情なんだな〜って

生地から
感触として伝わってくる



良質な服は
いつも教えてくれる


洋服は
身に纏うものだから

洋服は
肌に触れるものだから


締め付けがなくて
窮屈さがなくて

守られてるな〜って
包まれてるな〜って

感じられる事って
凄く大切だっていうこと



ファッションを
心から愛する人は優しい

ファッションを
心から楽しむ人は優しい


いつも
そう感じられるのは

洋服から伝わる
優しさを味わう事を

ファッションを愛し産む人も
ファッションを愛し着る人も

心の底から
知っているってこと


素晴らしい服を通して
素晴らしい生地を通して

実感するからなんだ






「ロングバケーション」って
録画して繰り返し見たよなぁ〜

ドラマだけじゃなく
小説も買って繰り返し読んだ


キムタクも
山口智子も

あの頃も
今になっても


自分の幸福を生きてる人
自分の至福を生きてる人

幸福な夫婦関係を生き
幸福な家族関係を築いている人



山口智子
今年でもう50歳なんだ〜


---*---*---*---

今この瞬間の先に未来は続くと思って
今を最高のものにしようと生きている

---*---*---*---

美しくなるもならないも自分次第
美しさは一生をかけて目指すもの

---*---*---*---


これが
新しいCM発表の場で
彼女が語った言葉


自分の心のあり方で
自分を変えられるってこと

50代の彼女は
存在そのもので教えてくれてる



連続ドラマには
出る事はなくなっても

度々
CMに起用されてるのって


短時間でも
伝わる美を持っている人だから

短時間でも
伝わる美を表現できる人だから


それに相応しい
人生を送っている自分を

彼女自身が
心から愛して生きているから



こうやって変わらず
美を磨き続ける人の存在は

美しい自分を譲ることなく
生き続ける人の存在は

自分の美を愛する人と
美を共有する喜びを知っている人の存在は


本当に
元気をくれる

女性であることの
素晴らしさを教えてくれる











ぼくらは
違いがあるから助け合える

ぼくらは
違いがあるから分かり合える



自分存在も
好きな事も

言葉も
得意技も



そのままで
そのままのきみで

それだけで
ぼくらは大海の旅路で出会い


きみの存在を愛する人と
ぴたりとハマり絆を結び合える

きみの好きが好きな人と
ぴたりとハマり心を繋ぎ合える


きみの言葉が嬉しい人と
ぴたりとハマり想いを分かち合える

きみの得意が嬉しい人と
ぴたりとハマり心を許し合える



そのままで
そのままのきみで


笑って
泣いて

助け合って
支え合って
分かり合って


手を繋いで
心を繋いで

一緒に居られる
一緒に生きられる


同じ船に乗り航海する人生が
この世界には存在しているんだ






今度のシャネルは

カールに
カーラに
ファレルなんや〜〜〜〜



大好きな3人
尊敬する3人


その3人のエッセンスを
一度に味わえるなんて

なんて贅沢
なんて濃密



超濃厚な材料で
時間と手間を掛けて作られた

トリプルアイスクリームを
一度に頬張ってるみたい




shisen.png



甘えられるようになったのは
頼れるようになったのは

迷惑かけられるようになったのは
泣けるようになったのは


きみが
信じる心を取り戻したから



この世界に存在する
生きた世界に存在する

愛しさを
優しさを

美しさを
煌めきを


信じて
感じて

生きる力を
きみを開いて取り戻したから



理屈でもなく
言葉でもなく

きみが世界に
きみが人生に

愛されているという事実を
受け取れるようになったから



きみは
愛されるために生きている


きみを
愛せなかった人間は

ただひとり
たったひとりだけなんだよ

ただひとりの幻想が
目隠ししてきただけなんだよ



それ以外の人々は
きみを愛するために居る

それ以外の人々は
きみを守るために出会ってる

それ以外の人々は
きみを歓迎するために生きている



その祝福を
体いっぱいに浴びて

その祝福を
心いっぱいに満たして


微笑むために
きみは生きているんだからね






Coldplayは

クリスの声が好き
ピアノの音が好き



数ある楽器の中で
ピアノが欲しいと言ったのは

なんでだったんだろうな〜って
今になって考えてみると


鍵盤を叩く音が
鍵盤を叩くリズムが

自分の体の中に
刻まれていく感覚が好きだったんだ



今は鍵盤が
キーボードになったけど

キーボードを叩く
パチンパチンという音は


血管の中を流れる
血液の音を聞いているようで

心臓を巡る
血液の声を聞いているようで


心地いい
ホッとする



ギターも触ってみたけど
全然続けようと思わなかった


叩く音が
叩くリズムが

耳の奥に響く振動に
指先から伝わる振動に

心を優しく
揺らしてくれる感覚が好き



「叩く」という言葉は
他者を叩くためにあるんじゃない

「叩く」という言葉は
自分を叩くためにあるんじゃない



自分の心が揺れるものを
自分を優しく動かしてくれるものを

「叩く」ことで
「刻印」するためにあるんだ



彩ね。が
この人生で

また新たに
楽器を手に入れるとしたら

間違いなく
今度は打楽器になるだろうな






後ろ姿でも
前向きに見える花

可愛いなって
ユニークだなって

思わず
微笑みが零れた



可愛いものは
守りたくなる

ユニークなものは
包み込みたくなる


それが
自然な心の動き

それが
自然な心の反応



可愛いきみは
守られるためにある

ユニークなきみは
包み込まれるためにある



好きがあっていい
隙があっていい


そこに
差し伸べられるのは

恩恵と
優しさと
愛情だけだから





fc2blog_20141123092015eef.jpg


病気でも
怪我でも

それがある事で
できるようになってる事がある



その痛みは
深く眠っていたもので

痛みが出たのは
深い眠りから目が覚めたから


目が覚めたら
新しい世界が見える

目が覚めたら
新しい扉が開いてく



今だから見える
今だから開ける



だからこそ
痛みは抱きしめるためにある


よく出てきたと
よく目を覚ましたと

頑張らなくていいと
強張らなくていいと


脱皮して
艶めいて


新しいきみを
愛するために存在している

新しいきみを
受け取るために存在している



sample01011.jpg


きみを見つめる瞳は
いつも温かい

きみを見つめる瞳は
いつも信頼に満ちている


温もりに包まれて
信頼に包まれて

きみは真実を知る
きみは引力を知る



それらは
すべて

きみの心の太陽の力に
魅き寄せられてきた愛

きみの心の太陽の光に
魅き寄せられてきた力


きみを守りたい
きみと心を繋ぎたい

きみは真実を知る
きみは絆という愛を知る








日々の中に
創作活動は存在する

日々の中に
芸術活動は存在する


シャネルの世界の
大好きなところは

シャネルの世界に
共感するところは

こういうところ



好きなものに触れて
美しいものに触れて

好きなものを持って
美しいものを持って


好きなものに微笑みながら
美しいものに喜びながら

好きなものを生むこと
美しいものを生むこと



凄いな〜って
心が感激するものを

素敵だな〜って
心がうっとりするものを

沢山見つめて
沢山愛して


そうやって人は
自分の美しさを知る

そうやって人は
自分の凄さを知る



感激も
うっとりも

心を柔らかくする
心を解してくれる


そうやって人は
自分への優しさを手に入れる

そうやって人は
自分への緩みを手に入れる











これ
邦題がよくないよなぁ〜

SEX AND THE CITYの
スタッフだと知らなかったら

絶対に
見逃していたと思う



実際は凄〜く
素敵なストーリーなんだよ〜


1度見失った愛を
1度見失った自分自身を

取り戻すまでの大切な過程と
自立した女性の在り方を

これでもか〜!!って位
凝縮して描かれていて


もうね
作り手の愛しか感じない

1時間半の中に
よくこれだけの

沢山の想い
沢山の愛情

こめられたな〜〜〜!!って
感激と感動に胸が打たれて



ここから先は
ネタバレになってしまうので

まだ見てない人は
スルーした方がいいかもだけど


本当に
本当に

素敵なシーンが
いくつも存在していてね・・・


koika1.png


私は私に出会ったの
それで気がついたの

私は私の事が大好きって
妹の結婚式で告白するところ


ここが1番好き


大好きっていう言葉の
本当の力を

心から
体から感じる事ができる


koika2.png


お遊びより
一生の幸せが欲しい

大富豪の彼に
ダイヤモンドを返すところ


彼女の腕に

ダイヤモンドの
ブレスレットはなくなっても


この瞬間
彼女は自分の心に

キラキラ光る
ダイヤモンドを手に入れるんだ


 koika4


そして勿論!!
真実の愛を手に入れる



この映画
ここで終わりじゃないんだ


いや
実際には

映画自体は
ここで終わりなんだけど


この先に何が必要か
この先に何を築くのか

映画の中で
きちんと語られてるのが

SEX AND THE CITYのスタッフの
超!超!!素敵なところ



この映画の原題は
「Baggage claim」


ストレートに訳すれば
「手荷物受取所」だけど

手荷物という
いつも持ち歩いているもの


いつも傍にある
自分自身や自分素材のこと

見つめ直して
気づいていく道のり


・自分を取り戻す場所
・自分を受け取る場所

というのが
今の彩ね。の邦題的解釈



だから
きっと

どんな女性が見ても泣けて
そんな女性が見ても発見があって
どんな女性が見てもパワーを貰える


そんな
素敵な映画だと思うよ






失ったものに
涙を流したぼくに

きみの不幸は
蜜の味なのだと

笑ったヤツが
道端に立っていたんだ


本当にそうなのか
ぼくは不幸なのか


拳を小さく
握りしめたまま

静かに
俯いて

そっと
開いた手のひらに

転んで手にした
虹色の小石があった



失ったのは
ぼくがぼくを愛したからで

失ったのは
ぼくがぼくを見つけたからで


その全ては
新たな道のためにあるのだと



失わなければ
出会えないものがある

失わなければ
愛せないものがある


失わなければ
出会えない人が居る

失わなければ
愛せない人が居る



その全ては
バージョンアップのために

その全ては
新たなる幸福のために



ぼくらは全て
幸福のために生きている

ぼくらは全て
幸福のために存在してる







気になって
買ってみたものの

あまり
好みじゃなかったチョコ


生地に
混ぜ込んで

チョコ入りの
ソーダブレッドの出来上がり


レーズンの甘みと
チョコのビターで

こうなってみると
彩ね。の好みの味になる



自分以外の
誰かの作ったものに

文句を言ったり
ケチをつける暇があるなら


自分で作る
自分でアレンジする



この世界に
自分と全く同じ人は

当然のことながら
存在していないから

自分の心地よさと
他者の心地よさは違う



けれど
だからこそ

そのままでいきなり
ビンゴ!とならなくても


違いを尊重して
違いを掛け合わせて

ほんの少し
手を加えてみることで

ほんの少し
アレンジを加えてみることで


新たな心地よさに
新たな喜びに

発展させる事が
可能なんだ~っていうのが

料理から得られる
愛のスパイスっていうヤツだ



mirainowa.png
Please Download click here


奪われ続けたぼくたちは
与えられ続ける価値がある

疑われ続けた僕たちは
信じられ続ける価値がある


傷め続けられた僕たちは
抱きしめられ続ける価値がある

叩かれ続けた僕たちは
守られ続ける価値がある


責められ続けた僕たちは
許され続ける価値がある

貶され続けた僕たちは
褒められ続ける価値がある


拒まれ続けた僕たちは
受け入れられ続ける価値がある

踏まれ続けた僕たちは
尊重され続ける価値がある


殺され続けた僕たちは
生かされ続ける価値がある

憎まれ続けた僕たちは
愛され続ける価値がある







この間
アナ雪公開以降

初めて
この曲について

松たか子自身が
語ってるのを見たんだけど

なかなか
面白かったな〜〜〜


---*---*---*---*---

ありのままの
自分になんて

誰もがいつも
気づいてる訳じゃない


気づくのは
ほんの一瞬


その一瞬の出来事を
何分もに引き延ばして

歌っているのが
この曲なんだと思います

---*---*---*---*---


気づきは
閃きは

日々の中で
ほんの一瞬にやってくる


掴むか
掴まないか

それは
自分に掛かっている



一瞬の感動
一瞬の喜び

一瞬の閃き
一瞬の気づき



音楽も
芸術も
ファッションも

その一瞬を
具現化させたもの


感動を刻むように
感動を遺すように
感動を纏うように

丁寧に
丁寧に

想いを紡ぎ
作品に仕上げられたもの



だから
そこに愛がある

だから
そこに喜びがある

だから
そこに感動がある

だから
そこに気づきがある


愛は愛と
喜びは喜びと

感動は感動と
気づきは気づきと

それらは
美しい連鎖を産んでいくもの







きみを
開けば開くほど与えられる

魅力を
開けば開くほど与えられる



きみに
与えたい人ばかりやってくる

きみを
愛したい人ばかりやってくる

きみを
褒めたい人ばかりやってくる

きみを
守りたい人ばかりやってくる

きみを
信じたい人ばかりやってくる



きみは
開くためにあるもの

魅力は
開くためにあるもの


愛は開くためにあるもの
花は開くためにあるもの






見た目に持っているものが
幸福とは限らない

見た目に存在しているものが
幸福とは限らない



喜びも
優しさも
温もりも
愛しさも
幸福も


目には見えない場所にある
目には見えないきみの中にある



見た目に拘る必要はないんだよ
見た目で比べる必要はないんだよ

きみがきみを愛してるなら
きみがきみを抱きしめてるなら


それがきみの持つ愛で
それがきみの持つ宝で
それがきみの持つ光で


きみはそのすべてを
持って産まれてきたのだから

きみはそのすべてを
抱いて産まれてきたのだから



追い求めなくても
いつもそこにあるから

頑張らなくても
いつもそこで輝いてるから


自然に
自然に

愛も
宝も
光も

きみの内側から
放たれているから


安心して
ほっとして

生きていて








ぼくらは
前例無き世界を生きている

ぼくらは
知る人の少ない世界を生きている


前例がないのだから
知る人が少ないのだから

転んだって
躓いたって
泣いたって

それはすべてが経験で
それはすべてに褒める価値がある



知らないのに
知った顔をして流されるのではなく

自分の足で
自分の知恵で歩いてるのだから


転んだって
躓いたって
泣いたって

それはすべてが経験で
それはすべてに褒める価値がある







やっぱいいな〜
ジゼルは

このコレクションの時の
ウォーキングは

彩ね。には
超ツボになってて


jizel.png


この感じさ

街中を歩いてるというより
朝の公園を歩いてるイメージ


特にお洒落をして
出かける場所でなくても

日常にシャネルがある
当たり前にシャネルがある


そういう雰囲気が
めっちゃ滲み出てるんだ


ジゼルの
自己評価の高さ

ジゼルの日常が
ウォーキングから垣間見えるんだ






usa.png
Please Download click here


きみは
世界に愛されていて

きみは
宇宙に愛されていて


だからぼくらは
この世界で出会ってて



あの日
あの時

魔物の声を暴いた
暗黒の声を暴いた


きみの心に
きみの愛に

きみの人生に
きみの生命に


この世界で生きている
きみそのものに祝福を



雪は
白は

嘘を見抜き
古き刻印を消し去る


空に
きみに

未来への光を
照らし出す祝福の色





冬に近づいてきて
膝掛けも新調したくなった



コットンがいいな〜
可愛いのがいいな〜と

あれこれ探した結果
見つけたのが

aden+anaisの
ベビー用おくるみなの〜〜〜



これね

肌にも優しいし
触り心地も抜群で

柄も可愛く
乾きも早いという優れもの



化学繊維と違って
パチパチまとわりつかないし

何よりも膝に掛けた時の
安心感がたまらないんだぁ〜〜〜〜



【 aden + anais 】
http://www.adenandanais.co.jp/