hikoki.png


日中に見る飛行機雲と
夕暮れ時に見る飛行機雲って

こんなに
違いがあるんだなぁ~


雲と雲の間を
まっすぐ

割れ目のように走ってる
飛行機雲って初めて見た~!!






スポンサーサイト

itomo1.png


「いいとも」も
今日で最終回なのよね


リアルタイムでは
用があって見られないから

最終回は
録画をあとでゆっくり見る



今朝から
芸能人ブログでも

様々な人が
取り上げてるけど


それだけ
私たちだけではなく

芸能界で仕事している人も
タモリさんの存在に

支えられた人が
沢山居るって事なんだろうな



いいとも終了は
番組的には「最終回」だけれど

心理的には「卒業式」っていう
イメージがとっても強い



門出のための終了
だからお祝い

itomo3.png

itomo4.png

↑ジャンプしてるの撮りたさに
繰り返しクリックしてた人


itomo2.png


ちなみに山手線も
タモリさん仕様があるらしい


タモさんって
時刻表マニアだからね

こういうの
凄く嬉しいんだろうなぁ~






kissn1.png
Please Download click here


この絵はね~
Get Lucky聴きながら描いたの


やっぱり
ファレルもダフトパンクも

ヴィヴィアンと
深い繋がりがあるんだな~って

描きながら
改めて思ったわ


実は検証のために
描いてたんではなくって

お酒に酔ったノリで
描いてみたんだけれどね



絵を描くとき
図が浮かぶとき

出やすい
シュチュエーションっていうのは

やっぱり
存在していて


天から降ってくるとか
空から落ちてくるとか

そ~んな
生易しいもんじゃないわけさ



って言っても
絞り出してるわけでもない



散歩中
ごろ寝中
入浴中

映画観賞中
音楽観賞中
占い検証中
読書中


何かに集中してたり
ほげ〜っとなってるとき

ぼんや~りと
浮かんでくるものを

受け取ってから
具体的に描いていくんだよね


夢の中から
ヒントを得るときもあるんだよ



日常のほんの瞬間に
ぼんやりと浮かんだものを

そのままスルーするのか
文字や絵として残しておくのか

この違いだけが
創作作業における重要さ



それを
天から降ってくるとか

こういう言葉を
鵜呑みにする人々が


芸術家やら
ミュージシャンやら
作家やらを

神がかり的存在へと
偶像化していくんだろうけど


それって
自分自身の中にある

創造性の種を
自ら捨ててるのと同じだからね



どんなに素晴らしい
作品を創り続けている人々も

み~んな根っこは
普通の1人の人なんだよ



そういえばこの間
矢野顕子がラジオに出てて

創作の時のこと
聞かれていたんだけれどさ


---*---*---*---

何かを作る材料も作る技術も
自分の中に
蓄積されたものから産まれる

インスピレーションを受けた時
その時までの自分を
どんなふうに育ててきたかが
とても大きい

---*---*---*---


おぉ~!
よくぞ言ってくれました!!って

彩ね。は
めっちゃ嬉しくなったもんね



そうなんだよ~
一瞬でなんか産まれないんだよ~


浮かんでから
出来上がるまでが短時間でも

それまでに
蓄積&育成されたものがあるんだよ~



これが芸術の価値
これが音楽の価値
これが文学の価値


産まれてくるまでの
作り手の人生が

その中にギュッと
詰まってるからなんだよなぁ〜



矢野顕子は
3歳からピアノを弾き始め

18歳でデビューと
プロ人生の始まりは早かった


そして
今年はもう59歳!!


ハタから見たら
産まれつきの天才みたいに

感じられることも
とっても多い人だけれど


彼女もまた
自らの手入れを怠ることなく

日々の積み重ねを
絶え間なく続けて生きる人なのよねぇ〜









才輝礼讃 - 38のyumiyoriな話才輝礼讃 - 38のyumiyoriな話
(2011/11/10)
松任谷 由実




ユーミン自身が
会いたい人との対談本


彼女の質問の切り口が
素晴らしいのは勿論なんだけれど

滅多に聞くことができない
ユーミンの私生活が語られてるのが

とても貴重とも言える
本でもあるんだなぁ~~~



ユーミンって
スーパーに買い物も行く

パスモを使って
電車に乗っても出掛ける


ごく普通の
日常感覚を持ち続けながら

アーティスト
表現者として生き続けている人



芸能人や
タレントの中には

電車の乗り方も知らない
切符を買ったこともない
料理を作ったことがない

みたいな人も
存在していたりするけど


ユーミンの
軸がブレないのは

いつも
安心して聴けるのは


ごく普通の日々を
生き続ける人々と同じような

肌感覚を
日常感覚を

とても
大切にしてるから



ユーミンとの仲良しに
千秋ちゃんが居るんだけど

彼女も一般人の友達の存在を
とても大切にしてて

普通にママ友たちと
イベントやったりしてるからね


千秋ちゃんは
経営者的才能も強いし

ゴージャスな部分も
勿論あるんだけれど


一般感覚と
セレブリティ感覚と
アーティスト性とのバランスが

ユーミンと近いから
仲が良いのかもしれないな



どんなに素晴らしい作品も
どんなに美しいメロディーも

それを産むのは
強い信念と生き様だけれど


そこに
根付いているのは

世間が作り上げた
神がかり的な存在としての

遠くかけ離れた
日常なんかではなく


ごく1人の人としての自分
ごく1人の人としての日常を

大切に育て続け
大切に温め続けている

地に足のついた時間が
存在しているからこそ


私たちの日常に
心響くメッセージとして

言葉やメロディーを
紡ぐことができているんだよね





彩ね。の家のあたり
今日は雨模様~


こういう日は
しっとりした音楽をかけながら

のんび~り
料理するのにとてもいい


・・・とはいえ
びっくりするくらい眠いっっっ!

というわけで
楽ちんにできる炊き込みご飯を



結局ズボラじゃん!!と
自分でツッコミつつ

こういうのって
考える時間が楽しいのよね~



---切干し大根の洋風炊き込みご飯---
     (ご飯2合分)

米 2合
切干し大根  30g(戻し汁も使います)
人参 80g
プチトマト 7~8個

⚫︎オリーブオイル 大さじ1
⚫︎カレー粉 小さじ1
⚫︎粒マスタード 小さじ2
⚫︎塩 ふたつまみ


1、切干し大根を
  10~15分ほど水につけて戻します

2、人参は千切り
  プチトマトは1/4のくし切りにします

3、お米をといでおきます

4、切干し大根が戻ったら
  水気を絞ってカットします

5、カットした野菜を
  お米の上にのせて⚫︎の調味料を加えます

6、切干し大根の戻し汁と合わせて
  炊飯器2合のところまで水を加え炊きます

7、炊きあがったら
  10分くらい蒸らして召しあがれ~ 



切り干大根って
アラビアータにもするよなぁ~

だったら
洋風炊き込みもいイケるかも!と

試しに作ってみたら
トマトとの相性もナイス!!


これから
ウォーキングにもいい季節

おむすびにして
お出かけのお供にもいいかも~~~







太陽の影が
いるかの横顔みたいに写った~

しかも
上から流れてくる雲と

ちゅ~してるみたいで
超可愛いんですけど~~~



「ちゅ~」と「治癒」って
響きが似てるよね~

ちゅ~と治癒には
密接な関係があるんだな・・・



そか!
そか!!

そうだよなぁ~
自分の中にある様々な要素

悪者にしたのは
自分じゃなくて他者なんだ


そのひとつひとつと
ぶっちゅ~!!ってキスして

大好き~!!って
仲良く生き続けることこそが

治癒にはとても
大切なことなんだもんね










hakure.png


満開の白蓮
とっても綺麗~

ひらひらとした花びらが
ドレスみたいよね


白蓮って
香りも凄くって

その香りが
「ここに居るよ~」って

存在を
伝えてくれている


香りもまた
自己表現のひとつ



香りっていうのは

「つける」ものではなくて
「纏う」ものだなぁ~って

自分で使っていても
常々思うこと


ドレスを着るように
ひらひら踊るように

心舞う
香りを纏う




有名なマリリンモンローの
シャネルの5番のエピソード

裸で寝てると
言いたくなかったからと

この動画で
語っているけれど


花を見ていても
香りはドレスのように

纏うものって
改めて感じるんだ





この言葉だって
単なる偶然で産まれたんじゃない


瞬間の芸術のように
発されているものだって

日々の積み重ねから
生まれているんだから


彼女はとても観察眼があって
感性豊かな人だったんだなぁ~



pharehan.png


これ
アディダスのプロモのワンシーン

こんなところにも
ヴィヴィアンのハット登場~!!


すごいな~
ファレル

すっかりこのハット
トレードマークになってる



でも
これは

ファレルとハットというより
ファレルとヴィヴィアンの繋がりが

ものすご~く
深いってことなんだろうなぁ~


lobe1.png
Please Download click here


誰もの心の中に
黒は存在している

黒の存在が
悪いわけではない


すべての色が
混ざり合っている黒色

その存在を
認識するからこそ

言葉や生き方に
重力が産まれる



黒は素材
黒は炭


心の中の
黒を認識したとき

着火される炎がある
生きるための炎が灯る



大切なのは
その色を

自分の人生を
黒塗りにするためではなく

自分の人生の
彩りのひとつとして


他の色と
同じように愛し

作品として
昇華し続けていくこと

命として
燃やし続けていくこと



suzune.png


頂き物の
発泡日本酒だけれど

これ
とても美味しかった

瓶もお酒も
色が綺麗なのも嬉しかった



食べ物とか
飲み物っていうのは

作るのには
時間がかかるものだけれど

口に入れてしまえば
数分か数時間で姿はなくなる


けれど
姿がなくなるからって

その全てが
消え去るわけじゃない



自分の手元に
届くまでの作り手の想い

自分の手元に
届けてくれた人の想い

受け取った時
口にした時の自分の気持ち


自分自身で
料理を作る時だって

レシピや材料を選んだり
作った時の想いも

心と体に深く刻まれる



姿が消えても
記憶は消えない



食べ物だけじゃない
人や物との関わりも同じ

いつか
姿が消えても

なくならない記憶がある
刻まれる想いがある



だからこそ姿ある
今の大切さを忘れたくない


その全てが
自分の中に刻まれるものだから

姿が消えても
残り続けるものだから










sirohana.png


ウォーキング中に
出逢った白い花

通りがかりに撮って
加工とかしてないのに


妖精とか
見えない生き物が

花の周りを
舞ってるみたいな写り方



自分の中に神が居る

こんなこと
1度も思った事はない

自分の中に
自分以外の誰かが居るとか
感じたこともない



あぁ
自分以外の誰か・・・

それは自分の中の
闇を見つけ出すべく

自己探求をしている時と
その前には感じてた


自分じゃない
誰かの声がある

自分のことを
責めてる誰かが

自分の中に
存在しているって


彩ね。にとっての
悪魔の声は母親の声だった



自分の中に
神が居るっていう人は

自分以外の
何者かに支配されてるんだろう


神崇拝も
悪魔崇拝となんら変わらない



でも
彩ね。は

目に見えない”何か”の存在
それは常に感じている


目に見える存在全てが
この世に存在する全てではない


心は目に見えないけど
確実に存在しているように

目には見えないけど
それは確実に存在している



その全ては
支配欲など持っていない

ユニークで
遊び心が満載


そして生命が
輝きを放ち続けるために

大切なものが
ユーモアと遊び心でもある



植物や
花や
動物や
惑星の

生きる姿に
元気を貰うのと同じように

いつもそこにあるのが
彼らの存在


彼らもまた
大自然たちと同じように

支配も崇拝も求めない
愛に満ちあふれた存在


目を向ければ
心で感じれば

ただ命の輝きを教えてくれる
ただ命に栄養を与えてくれる

それこそが
真の彼らの姿なんだ


saikyo1.png

saikyo2.png

saikyo3.png


何度見ても
素敵な写真だよね〜〜〜


米VOGUEにこのカップル
バッシングもかなりみたいだけど

それこそが
超個人的幸福が

これほどまでに
世界や多くの人の心を
動かすものであることを

象徴しているような
出来事だと思うんだよね〜〜〜



誰に
なんと言われようが

世の中が
彼らをどう評価しようが


カニエと
キムは

互いに存在していることこそが
お互いにとっての幸福で

その価値は
2人にとって

揺らぐことのない
真実の姿なんだもの


世間なんて
クソくらえ!だよな

だって2人は
最強の組み合わせなんだもん


(そして当然のことながら
 この撮影に携わった人々もね)



彩ね。はこの写真
と〜〜っても好きなんだ〜〜〜〜


だってさ
見ているだけで幸せな気分

温かな気持ちが
じんわり湧いて来る


生命の軸と
真の絆を

ピシっと
感じさせてくれる写真だもん





ファレルとカニエの曲

この2人の組み合わせも
大好きだよ〜〜〜





美しいきみの
濡れた瞳を見て

ぼくは思った
きみは何も悪くないのにと



抱きしめて
キスを交わして

きみの瞳を
もう1度見つめたとき


その瞳に映る
ぼくの存在もまた

何も悪くないのだと
胸の奥から湧いてきて

たまらず
涙が零れ落ちたんだ



濡れた瞳のきみを
抱きしめてるつもりのぼくは

ずっときみに
抱きしめられていたと知った


ガラスの瞳が
ぼくに教えてくれたのは

あまりに美しい
碧の真実


tuyokai.png


昨日のビストロSMAPでの
つよぽんの禁酒解禁

いや〜
今音声だけ聴いても泣けるわ!


タモリさん
ずっとずっと

つよぽんに
伝えたい事があったんだろうな


でも言葉だけで発して
伝わる事じゃない

その想いを
真っ直ぐに受け取れる

ベストの時期を
温め続けて待っていたんだ


--*--*--*--

もういいよ、禁酒
もういいだろ、今日から
散々やったんだから

--*--*--*--


この言葉の中に
言葉以上の想いが凝縮されてる

(禁酒のことだけじゃなくて
 生きる姿勢に対しても)

これが
タモリさんの懐の深さだよね


”禁”の”解禁”が
タモリさんと過ごす時間なんて

つよぽんも
SMAPの皆も

めちゃくちゃ
幸福な瞬間だっただろうな〜〜〜



タモリさんは
自己肯定力も素晴らしくて

--*--*--*--

サラリーマンでも
主婦でも

今自分が
その場に居るということは

”見初められたから”
という自覚を持つこと

(見初められた=魅力を買われた)

誰かの世話になる事に
卑下する必要など一切ない

”見初められた”のだから
堂々と世話になり堂々と発言し

好きに生きる権利が
誰にでもある

--*--*--*--


こういうこと
堂々と発言してくれる人


実際に
赤塚不二夫宅に居た頃

タモリさんは
彼の稼ぎで堂々と遊び回っていた


こういう人だから
底なしの温かさを持ってるんだ



自分自身への
底なしの肯定力が生んだ出会い

そこから体験した
底なしの他者からの恩恵

自分が体験したからこそ
他者に手渡せるもの


自らの幸福を
最優先させる重要さは

タモリさんという
存在からも語られている


ほんと
すごすぎる人だよ







彩ね。は
中学生の頃

声優になりたい!と
思っていただけあって

かな〜りの
声フェチでもあるんだな



ガイさんは
FMラジオのDJの中でも

めっちゃ
好みのド真ん中の人なんだけど


いや〜〜
このボイスアクトはヤバいわ

聴いてるだけで
萌え死にしそうだわ・・・

(もはや変態の域)



しか〜も!
ガイさんって

声だけじゃなくて
めっちゃハンサム!!

(外見も内面もね)

体作りもしっかりされてて
超イケてるんだ


guy.png










ガガの
ミュージックビデオって

最近はもう
MVの枠を超えてるよね


この作品なんか
短編のミュージカル映画を

1本見たような
充実感があるもの



彼女は
すでに

女優デビューも
果たしているけれど

いつ映画監督として
デビューしてもおかしくないね



ヴェルサーチの
広告モデルにもなって

更に美しさが
増してきてるガガさん


このMV見てたらなぜか
フラッシュダンスを思い出した






【追記】

日本語Ver.の
麻倉未稀さんの歌も

ソウルフルな歌声で
とても素敵なんだよなぁ・・・


この人は
原曲に込められた魂も

見事にインストールして
歌っているからね




Holding out for a heroの
このカバーも好き




洋楽の日本語カバーが
カッコ良くハマる

数少ない
実力派歌手なんだよね





もちろん
オリジナルもカッコいい!!



hanasak.jpg


きみの存在が罪ならば
きみは産まれてこなかった

きみの存在が罰ならば
きみの肉体は抹消されてるだろう


今きみが
この世界に存在してるのは

罪も
罰も

そんなもの
本当は存在しないからさ



きみは祝福されているんだ
ずっと祝福されていたんだ


太陽に
月に
惑星たちに

花たちに
見えない存在たちに

きみとの出会いを
微笑む人たちに



罪を作るのは
罰を作るのは

自らの手で
自らを裁き続ける

闇信者
修行信者たち


そんな悪魔どもの言葉に
耳を貸す必要などないよ



誰もの心に
闇は存在するけれど

きみの存在は
闇なんかじゃない

とても美しい
光の珠なんだから


ネックレスのように
光の珠同士で繋がって

世界を彩るんだ
世界を魅了するんだ


広げた両手が受け取り続けるものは
祝福だけでいい


だって宇宙は
きみの存在を大歓迎して

だから
きみはこの世界に

祝福されて
産まれてきたんだからさ





素晴らしい動画だ

彼女の回答する姿には
一切迷いというものがない



瞬発的判断力
瞬発的回答力

ここに
彼女の生き様がくっきりと見える


嘘のない人生
真実だけの人生を生きている姿

そして
その自分に対する自信

それこそが
この回答のスピードに現れている



サラ・ジェシカって
ものすごく美人とかではないけど

強い魅力を
持ってる人だな~って

ずっとずっと
感じていたことだけれど


こういう人間性が
身体全体から滲み出てるからこそ

役を通して語る真実のあり方にも
とても強く胸を打たれるんだな









carot_201403231910141ba.png


甘いものを食べつつ
ちょこっとお野菜も摂れる

軽食にも
おやつにもなるケーキ


このケーキ
ベーキングパウダー無しなので

しっとりしてて
少量でもお腹に溜まりますよ~



---キャロットケーキ---
(18cmタルト型1つ分)

卵 2個
砂糖 大さじ8
オリーブオイル 大さじ3
ヨーグルト 大さじ2
薄力粉 150g
シナモンパウダー 小さじ1
人参すりおろし 80g

 【準備】
オーブンを170度に予熱
薄力粉とシナモンを合わせてふるっておく

タルト型を使う場合は
型に薄くオリーブオイルを塗り
薄力粉をはたきます

パウンドケーキ型の場合は
オーブンシートを敷いておきます


【作り方】
1、人参をよく洗いすりおろします

2、卵をボウルに割り入れ砂糖と合わせます
  ホイッパーで3分位よく泡立てます

3、オリーブオイル、ヨーグルトを入れ
  よく混ぜ合わせたら人参すりおろしも入れ
  さっと混ぜます

4、薄力粉、シナモンを入れ
  粉っぽさがなくまるまでざっくり混ぜます

5、生地を型に入れます

6、170度のオーブンで30分焼きます
  庫内温度が前後違う場合は
  焼き時間の丁度半分のところで
  1度向きを変えてみてください

7、真ん中に竹串か楊子を刺して
  生地がつかなければできあがり
  型から外して冷ました後にカットしてね


(ちなみに彩ね。が
 今回使ったタルト型だと
 パウンド型より早く焼き上がるので

 パウンド型を使う方は10分位
 焼き時間を調整してみて!)


このケーキ
かなり甘さ控えめなので

甘いの好き~!!って方は
ドライフルーツを入れるのもオススメ

食べる時に
ホイップクリームを添えるのもアリ


人参くささはまったくないので
野菜嫌いさんも食べられるかも~?!





vogue4.png


はぁ~
なんて素敵な写真だろ

思わず
ため息がこぼれちゃう

(勿論!
 いい意味でね)



カニエのキムに対する
愛してる~!!って気持ちと

それをド~ンと広い器で
受け取っているキム


双方の想いが
調和している姿とは

手渡す側と受け取る側の
バランスも重要なんだよなぁ~



どんなに
大きな愛を持っていても

どんなに
好き!って表現をしていても


自分と
向き合った相手が

自分嫌いで
自分の器を閉ざしていたり


もともと持っている
器の大きさが合わなければ

その想いは
はじき飛ばされてしまうもの



発信者の容量と
受け取る側の器の容量の違い

これはもう
変えようもないこと


相手に合わせて
自分自身を狭めようとする

これもまた
生きる苦しみになっていく



器の違い
容量の違い

これを把握しておけば
自分を責める必要は無くなる


多くのセラピストや
精神科医という人々が

苦しみを抱えた人を
”元の場”に戻そうとするのは

違いを生かすということを
認識してないからなんだよな



ただ
それだけじゃなくって

心に深い傷を持つ人は
自己表現手段も多彩だから


その傷を生かし
作品にしていくことこそが

自分への
最大の愛情表現でもある


この全てを特定の他者に
引き受けて貰おうとすること

これも
争いのもとになっていくから

自分自身で
発信の場を作る必要がある



それが自分を
「開く」仕事とも言える

そして
「開く」には喜びが大切



その喜びが
ダイレクトに

お金になりやすい人と
時間のかかる人が居るけれど


自分で
自分のことを喜ばせる

そのための武器(=技)を持って
日々積み重ねをしている人こそ

彩ね。にとっては
”いい仕事”をしている人



子供のためとか
パートナーのためとか
世界のためとか

自分以外の
誰かのためと称して


結果
相手を支配するような

言葉の暴力を
周囲に振りまいている人間たちは

彩ね。にとっては
仕事をしてるとは言えないんだな



自己表現の場を
自分自身で作ることで

自分を調和させるための
”いい仕事”をしている人



カニエは
このバランスが美しく


キムもまた
その美しさを

自分が受け取るに相応しいという
自信が存在しているからこそ


こんなにも素敵で
見ている側も幸福な気持ちになり

揺るぎない温もりを感じる
世界が生み出されてるんだ






yamo1.png

yamo2.png


一昨日の夜に
部屋でヤモリを見かけたんだけど

あっという間に
どこかに行っちゃったのよねぇ〜


そこらへんを見ても居ないし
壁にも張り付いてないし

どうしたもんかな〜と
思っていたら


居た!
居た!!


今朝トイレ掃除してたら
小物入れの陰で発見!

(発見がトイレってのが
 また面白いよな〜〜〜)



一昨日は
一瞬しか見なかったけど

よく見たらまだ小さい〜!
超可愛い〜〜〜〜!!



これは
メッセンジャーかも?!と

写真撮影して
ナデナデしたあとに


いっておいで〜♪と
外に逃がしてきたよ



いや〜〜
この可愛さが神だね!!


そう
神って概念は沢山あるけど

彩ね。にとっては
畏れたり崇め奉る存在ではない


一緒に楽しむ
一緒に笑う
一緒に喜ぶ

そしてときに凹んでる時は
ただ静かに寄り添う


ユーモアと
キュートさと

心に寄り添う
親しみやすさの存在こそが神!!!


そういう存在こそ
強制されることなく

自然と「ありがとう〜!」って
手を合わせたくなる存在なのさ





お彼岸かぁ・・・
こういう時期になると


先祖に感謝!とか
先祖の守護に感謝!とか

特にスピ系の人たちなんか
言い出すもんだけどさ


彩ね。は
自分の先祖に感謝とか

微塵も
気持ちが湧いてこないよな



だって
自分の抱えた負(苦しみ)は

長く先祖から
放置されてきたものだし


その連鎖を断ち切る努力を
惜しまずしてきているのは

他の誰でもない
自分自身だからね



もしだよ
その先祖たちが

サポートしてくれようとかでも
今更遅~い!って感じ


自分で責任を負わず
放置し続けたものに対する

罪悪感から来る行為なんて
受けた方は何のプラスにもならんもん


こっちから
願い下げだわ~


他者に奉仕する暇があるなら
自分の人生をどうにかしろよ

これは霊的存在にも
言えることだよなぁ~~~



守護してくれるなら
それは自分で選ぶよ


そうだな~

日本人なら河合隼雄先生
外国人ならジャック・スパロウかな


・・・って

ジャック・スパロウは
映画の中の存在か


でもな~
他に思いつかないんだよ


映画の中の存在もまた
脳内ビジョンという貴重な存在だから

スパロウみたいな霊体も
どっかに存在するかもしれないじゃん!!



そうだ!
彼は名を残さなかったけど

遠い過去に
この世に存在していた人間で


今この世界に
生きてる人間に

自分の物語(思想)の
ビジョンを伝えて

受け取った人間が
映像化したとも言えるかもな・・・



というわけで

やっぱ
外国人ならスパロウに決まり~~~!!





ってか
スパロウって

キース・リチャーズが
モデルになってるのか~~~!!


キースもまた
彩ね。の人生において

重要な
キーワードの人ってことだな











この歌の
日本語部分

世界でも
評判がいいんだってね


確かに
こうやって

他の国の言語と
合わせて聞いてみると

日本語が
独特の響きであることを

ハッキリと
感じることができる



日本ってのは
他の国と地続きではない

独特の
島国であるけれど


こういう国に
世界で評価される部分があること

それは国の中で
育てた独自の文化があるからで


日本の
オタク的文化というのが

世界でウケるのは
その要素が生きてるからだ



そしてこれって
ひきこもり的要素を持つ人が

非常に個性的で
それは世界で確実に生きる!という事が

実証されている
ということでもあると思うんだよね



一般的にひきこもりって
差別的視点を向けられるけど


大切なのは
ひきこもり空間の活用であり

ひきこもり気質を否定する事や
抹殺することではない



その場所で
好きを育てる

その場所で
自分を育てる


雑音や騒音から
解き放たれた場所の中で

自分を養う期間こそが
ひきこもり期間でもあり


育てた好きが
パーン!と破裂したときに

それは
外の世界に繋がるツールとなる





フルでの
日本語バージョンも素敵

この歌詞も
凄く泣けるんだよな〜〜〜


松たか子も
大好きな女優さん

この人も
凛とした生き方をしてて

「カッコいい」
「男前」な人なんだよね〜〜〜



rogemiro2.png

rogemiro1.png

rogemiro3.png


どの写真も
素敵すぎる〜〜〜〜


彼女のスナップって
いつも映画のワンシーンみたいで

でもそれが
日常ってのが

上級者!って感じで
めっちゃ好きなんだけれど


実際に
アートの中に存在しても

彼女は
すっぽりと溶け込むなぁ〜



自分自身がアート
自分自身が芸術

自分を芸術品として扱うとは
自分を大切に扱うことと繋がる


だから
彼女の存在は

突き刺すような
カンカン照りの日射しとは違う

ぽかぽかとした
穏やかな温かさを抱いた輝きを感じるんだ




メイキング映像で
初めて動いてるところ見たぞ〜〜〜


【ここでインタビューが読める】






この曲に
何度救われたかわからないな


初めて聴いた時って
恋とか愛とか

そんなこと
全然知らない年齢だったけど


今思えば
父親を亡くした喪失感に

この歌が
そっと寄り添ってくれてたんだ



目の前に居るはずの人間が
ある日突然消え去る衝撃って

悲しみだけじゃない
憎しみも伴うものなんだ


この歌は
その両方が表現されてて

(凄いよな〜
 加藤登紀子さん)

やっぱり
この歌を

情念いっぱいに歌いこなせるは
明菜ちゃんだから


彼女は
歌唱力があるだけじゃない

彼女の懐の深さ
彼女の器の大きさ

歌声に
これでもか!ってくらい籠ってる



憎しみも
殺意も

ひとつの
芸術品として

作品にできるという行為を
この曲で初めて知った

当時は
無意識だったけれどね


そういえば
この曲って

ボーカリストオーディション
受けてた頃に

デモテープに入れてて
1番評判良かったんだ