こんな映画あったんだ!

知らなんだ〜
知らなんだ〜


カール・ラガーフェルドに
マーク・ジェイコブスに
パトリシア・フィールドに・・・
アナ・ウィンターも居たぞぅ〜


とにかく
登場人物を見たら

彩ね。の好きな人ばっかり
出ているじゃないかぁぁぁ!!!


テンション上がりすぎて
何度も予告編見ちゃったよぉぉぉぉぉ


【ニューヨーク・バークドルフ/魔法のデパート公式サイト】







ぼくらは
一瞬で傷つくこともあるけれど

ぼくらは
一瞬で愛しさを抱くこともある


ぼくらは
一瞬で悲しむこともあるけれど

ぼくらは
一瞬で嬉しくなることもある



数えきれない一瞬が
積み重なっていく人生だから


それはまるで
綺麗な小石を集める

子供の
砂浜遊びみたいだけど


ささやかな一瞬の喜びを
一粒ずつ拾い集めて生きていく



少し前にGACKTが
ローリー・ロドキンと組んで

セミオーダーの
アクセサリーを発表した


それまで
全然知らなかったんだけど

このお方
めっちゃ彩ね。好みやわ〜〜〜

rodkin1.png

rodokin2.png


デザイナーなんだけど
魔女っぽい雰囲気もある

ロックなんだけど
キュートも忘れてない



彩ね。は基本
姫気質なんだけれど

姫だけってのは
年齢を重ねたら辛いぜ〜って

色々イメージを
考えていたところでね


こういう感じ
こういう雰囲気
こういう空気感

めっちゃ
ツボに入ったわ〜〜〜〜



勿論デザインも
沢山見たけどとても素晴らしい

見事にアクセサリー全体に
エネルギーが循環するようにできてる


rodkin3.png


ハリウッドセレブに
愛用されてるブランドなのは

本人のエネルギーを
活性化させるデザインだからだろうな








whalo1.jpg


風が強いけど
晴れててウォーキング日和

午後になったら
またハロが出たよ〜〜〜


しかも
な〜んと今日は・・・

whalo2.jpg

whalo3.jpg


二重のハロだ〜〜〜!!!


ハロの遭遇率は
結構高かったりするんだけど

二重のハロは
初めて見たかも〜〜〜


なんと
ラッピー


・・・って
よく考えたら

ラッピーってのりピー語?!
世代を感じるぜぃ






ガガさん繋がりで
見つけたこの動画

ガガドールの
制作場面を見る事ができる


肌の部分に
ナイフを入れるところなんて

ほんと
見ててドッキリするよ〜〜



ガガドールって
日本で作られていたんだね〜

こんな素晴らしい技術が
日本にあるって事も嬉しいし

こういうところを
広めてくれるガガの精神にも

とっても深い
愛を感じるんだよね






heartsound.png
Please download to click here


あなたが
ずっとそこに持っているもの

ずっとずっと
ないって言われてきたから


あるって認めること
あるって信じること

怖いかもしれないけど
勇気を出して


あなたはそれを持ってる
あなたはずっと抱いてた

もう開いていいって
もう魅せていいって


歌を歌って
世界に奏でて

声に出して
空に向かって



gagatan.png


いや〜
ガガたま来日しましたね

彼女が来る時って
いつも強風が吹いてる気がする


今回は
マリリン・モンローヘアだ

でも随分
ナチュラルになったよね〜


デビュー当時は
ケモノ感が強かったけど(褒めてる)

最近のガガたまは
女性らしさも表現しててかわゆい



んで
ガガ大好きな彩ね。は

無意識パワーが
みなぎりまくってしまったのか

お気に入りのカトラリー
2つほどぶっ壊しましたわ〜〜〜



ガガたまの
マリリン・モンローというと

『Do What U Want 』


ライブ映像見たけど
これはかなり見応えがあった!!




誰に何を言われたって
自分の心は自分のもの

自分の人生を
1番よく知ってるのも自分


本当に彼女って
真摯に自分と向き合ってる

そういうところが
めっちゃ美しくて愛しいんだ





flyu.png


今日もまた
綺麗な飛行機雲2本発見


太陽の光が
クリスマスツリーみたいで

照らされている雲が
ぐんぐん上昇して見えた〜



そしたら
その先には・・・

angoh.png


お〜〜これは
彩ね。的にテンション上がる雲


五芒星とか
魔法陣っぽくも見えるし

Aっていう
文字にも見えるんだよね〜


"呪術的な組み合わせの雲"
とでもいうのかな〜〜〜〜

とにかく
見れば見るほどそそられる〜〜〜






フリーダ・ケリー

11年に渡り
ビートルズのマネージャーを勤めた女性

50年の沈黙を破り
今回初めて彼らを語ったという



素敵だな

彼女はもともと
ビートルズファンだったけど

彼らのことを
スターとしてだけではなく

いつまでもブレることなく
「人」として愛し続けてきたんだ


誰にも知られなかった
こんな素晴らしい人の存在を

今こうやって
知ることができる事が嬉しい



【愛しのフリーダ/公式サイト】




channegi.png
Souced by Garbo


リニューアルした
シャネル銀座ブティック

単なるショップというより
洗練された部屋という空間だな〜


ここで他の写真も見られる
http://woman.excite.co.jp/garbo/concierge/rid_garbo51175/



そしてデザイナーの
ピーター・マリノ氏

このお方も
カッコ良いオッちゃんだった


marino1.png



ガリアーノとの
ツーショットも発見!!


2人は10歳違いだけど
マリノさん貫禄あるね〜

芸術家の弟と
バイク好きの兄貴って感じ

(実際かなり
 モーターバイクが好きらしい)

marino22.png


マーク・ジェイコブスとの
ツーショット写真もあった

あはは
こっちはお茶目だ〜〜〜〜

marino3.png


マリノさん
とても愛情深い人なんだな




ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]ヘルタースケルター [DVD]
沢尻エリカ、大森南朋 他




写真家
蜷川実花の監督だけあって

これはもう
映像美を追求した作品だな


とにかく
沢尻エリカが美しかった

彼女のための映画
そんな感じがビンビンした



桃井かおりは
いつだって桃井かおり

その迫力
その存在感も素晴らしかったけど


いや〜
寺島しのぶってば

あのダサさに
なりきれた事がすげ〜〜〜〜〜!!!



なんかこの作品
美の共演と言うか

いい意味で

女優同士の持つ
美の勝負みたいな臨場感もあった


作品そのもののテーマも
「美」と「ホラー」だったしね



美しい女同士が
それぞれの美の追求のもと

この映画を
作り上げたという感じが

見ていて
気持ちがよかったよな〜〜〜〜〜







以前この本を読んで
素敵なイラストに感激したけど

とうとう歌も
歌うようにもなったんだな〜

彼女の歌声
どこか懐かしさを感じる



新版 太陽とともに生きる新版 太陽とともに生きる
(2006/11/25)
アリシア ベイ=ローレル、ラモン センダー 他




オダッチと桜井さんの
対談読みたさに手に入れた本に

彼女とばななさんの
対談も載ってたんだけれど

それもかなり
読み応えがあったんだよね



彼女も
虐待経験者だったんだ

そして
親についても語られている


ただし彼女と
彩ね。の大きな違いは

彼女は親を
愛し続けたという事だ



こういう人も
確かに存在している

マザー・テレサ級に
どんな人間にでも愛を注げる人


彼女はそれを
「好きでやったからこそ」満足している

こういう違いを
把握しておくのは大事な事だ



彩ね。は
マザー・テレサ級にはなれない


せいぜい
自分を愛し続けること

親に踏みにじられた
自分の存在を自分で抱きあげて

自分への愛しさと
自分への優しさを

膨らませ続けていくこと
それが一生かけてできる事


だからこそ
好きな人にしか愛は注げないし

自分を苦しめる人間を
愛するなんて到底できない



親を許す
親を愛す


これってスピリチュアルの観点から
よく語られる事だけれど

そんな事より先に
自分の脳内に存在する

親と同化した自分を
分離させる事が大切なんだ


(意識的か無意識かはわからないけど
 恐らく彼女はこの分離と感情の仕組みを
 早い段階で理解していたんだろう)



親を許せない自分を責め続けるくらいなら
親を許せない自分を許す

親を愛せない自分を責め続けるくらいなら
親を愛せない自分を愛する


自己嫌悪の根源は
親嫌悪から始まっているから



自分の中に存在する
自分への嫌悪感というのは

自分嫌いな親が
その想いを子供に投影して

嫌い
悪い

という言葉として
刷り込んでいったもの



そもそも
「自分」という存在は

自分自身を生かす(=喜ばせる)ために
存在しているものだから


怒りとか
憎しみとか

自分自身が
喜びを感じない感情も

他者(=親)によって
刷り込まれたものでもあるんだ



それでも
そこに在るのなら

自分が生きるために
使いこなしてしまえばいい

溜め込んだものも
使い切ればスッキリする



溜め込んだ怒りと憎しみは
溜め込む程に自分を攻撃するから

怒りを認めて
憎しみを認めて


絵でも
文章でも

自分なりの表現手段で
しっかりと吐き出していって


嫌いな人間と
愛すべき自分の存在を

「分離」
「区別」

する為に
使いこなしていけばいいんだ


使い切ってしまえば
ど〜〜〜でもよくなるから

関心を示すことなど
どんどんなくなっていくから



"自分は親とは違う人間である"
"自分は自分という存在である"


その区別を
しっかりつけた上で

自分の中にある
親から受け継いだ嫌悪する慣習を

”自分のものではない”
"親の持ち物である”と把握し

許す
愛する



自分嫌いな親から
自分嫌いな自分を受け継いだなら

自分自身が自分を愛すること
自分自身が自分を許すこと


それこそが
新しい愛の連鎖となること

苦しんだ人間が
1番よくわかってるんだからさ










神の力でもなく
霊の力でもなく

この静けさは
ぼくの力で手に入れた


罵声は過去
否定は過去


重すぎた荷物をおろして
何も無くなって

そこにはぼくと
そこには静けさと

こぼれ落ちた一粒の涙が
いつしか小さな花を咲かせた



ぼくが破裂して
溢れ出した雑音は

すべて
ぼくのものじゃなかったから

在るべき場所に
無言で送りつけておいた



破裂した炎は
焼け野原を作った

この静けさは
ぼくの意思で手に入れた

眩しいほどの
彩りある花を咲かせるために


痛みではなく
苦しみではなく

眩しさと
喜びで

涙をこぼせる日を
両手を広げて迎えるために


花の歌声が
聞こえ続ける世界のために





suneye.png


今日の夕陽は
まるで満月のように

大きなまん丸に
ぽっかり浮かんで見えたんだ〜


建物との間で
それはうまく撮れなかったけど

その先の道でも
こんなに綺麗なオレンジに撮れた


しかもス〜ッと
真っ直ぐ伸びた飛行機雲つき!

テンションあがる〜



昨日も今日も
彩ね。が写真撮ってるのを見て

首を傾げながら
横を通り過ぎていった人が居た



自分だけの幸せって
そんなもんなんだろうな

誰かにとっては
日常のなんともない風景


それでも
生育環境の中で

騒音と罵声に囲まれ
生きた事のある彩ね。にとっては


綺麗な風景を見て
素敵〜!って言葉にできて

喜びを表現して
こんな風景が眺められること

それだけでも
とても大切な宝物の時間なんだ






ロシアの
赤の広場にできた

ヴィトンの
巨大スーツケースを見てたら

村上隆さんの
『Superflat First Love』を思い出した







この映像は
見れば見るほど素晴らしい


世間一般に
歪んで認知されがちな

ヴィトンイメージ
モノグラムイメージ


その本来持つ
POPさとCUTEさ

物創りに対する
幸福(=喜び)パワーを

とてもわかりやすく
愛情いっぱいに表現されている



村上隆さんの
凄さはこういうところにある


見れば
誰もが自然と

「可愛い!」と
心躍る作品の中に


素晴らしい
審美眼による

独自の解釈
独自の愛情が


ぎゅぎゅ〜〜〜ッと
詰め込まれているんだ









あ〜もう!
これはカッコいいとしか言えない!!


どんどん
壁をぶち破って

どんどん
大きなものを産み出していく


深瀬君
また新境地を作り出したな



深瀬君も
セカオワメンバーも

彩ね。より
全然年下だけど

湧いてくるのは
感動と尊敬の気持ちしかない



感動も
尊敬も

求められて
するようになるもんじゃない


その人を見て
その人を知って

理屈なく
湧き上がってくる感動が


年齢も
立場も関係なく

尊敬という想いに
自然と繋がっていくものなんだ