migyo.jpg



Go for a trip together




スポンサーサイト

korozo.png


心の中で
血が巡り始めれば

目に見える世界で
血を流す必要はなくなる


自分を傷つけるのも
他者を傷つけるのも

その
根元は同じ



生きてる実感が欲しい



心の底に眠っているのは
たったひとつの想い



ぼくを守るべき
あの人が消えた日に

包み込んで
奥底にしまったのは


なぜ置いて行ったのか
なぜ捨てて行ったのか

深い悲しみと
深い怒りたち


誰にも見せず
流していた血が

誰にも見せず
流していた涙が


ここにあるのだと
ずっと叫んでいたんだ



心の中で
血が巡り始めたとき

心の中で
愛が動き始めた


それは
あの人へ贈るものではなく

それは
血まみれのぼくに贈るもの



心という臓器は
いつも待っている


この世界で
大きな呼吸をするために

この世界の
生きた愛を受け取るために



この世に生きている人間には
生きている愛が必要だから

この世に生きている人間には
生身の温もりが必要だから



あなたを恨むことは
死を望む世界との別れで

あなたを捨てることは
生を喜ぶ世界との紅い糸



bajisolt.png


雪景色?

いえいえ
実は違いますの〜


こちら
バジルを塩に埋めたもの



汐が死んでから
ベランダで

季節ごとに
何かしら育てているんだけど


夏場はさすがに
照り返しがすごいので

花は無理だなぁ〜と
ハーブを育てていたんだよ〜



今年は
バジルと青紫蘇にチャレンジ


育ったバジルは
ペーストにできる程大量ではなくて

いい保存法はないか調べたら
塩の中に埋めるというのがあった


これだと
塩に香りがうつるし

バジルは
長持ちするしで両方にいいらしい

(ただしバジルの色は
 とりたてのグリーンではなくなるけど)



やってみたら
まるで雪景色みたいに綺麗で

タッパを開けるとき
なんかワクワクするんだよね〜



*-----------*-----------*

bajims.png

小さなバジルは
ご飯と胡麻と混ぜておむすびに

おむすびの塩は
勿論バジルを埋めておいた塩


sisopo.png


青じそは
フライドポテトに


摘みたてはやっぱり
香りがしっかりしてるなぁ〜




fc2blog_201308282034128ea.jpg


なんの前触れも無く
親に突然死なれるのは

それが
どんな親であっても

子供にとっては
ものすごく辛いことだ



彩ね。の父親は
ある日突然死んだ

彩ね。があまりにも
幼かったのもあったのか

死因は
詳しく聞かされなかったけど


遺体も見られない状況で
葬儀をしたから

「普通」ではない
死に方をしたのは明らかだった



死を選ぶ側は
恐らく自らの死をもって

自分の抱えている
”負”を持ち去るつもりでも

実際には
そんな事はあり得ない


死なれた瞬間のショックも
その後に訪れる空虚感も

残された人間の心に刻まれ
一生消えることはないんだ



子供は本当は
どんな親でも好きだから

突然の死に
苛立さえも表現できず

強すぎる衝撃に
涙を流すことさえ忘れることもある



泣けるようになるまで
怒れるようになるまで

そこまでが
1番辛いんだ


気丈にと
振る舞えば振る舞うほど

どこかで何かが
欠けてくのを感じながら


それでもどうにか
自分を冷静に保とうと

本当の悲しみと
本当の苛立ちは

長い時間
心の奥底に

しまいこまれてしまうから



今になって
改めて思うんだ

不自然な死をもって
伝えられる愛などないと



宇多田ヒカル『Be My Last』



apga1.png

apga2.png

apga3.png


ガガの新曲
Applauseのライブ映像

見ているうちに
ウルウルしてきちゃったよ〜


1曲の中でも
こんなに人は変われる


自分の想い次第で
自分の考え次第で

人はいかようにも
自分を変えることができるんだ



それにしても
5分くらいの間に

これだけのものを
よく詰め込めたなって感激する


これが彼女の愛の深さ
これが彼女の愛の広さ


ホント
いつも感服する





【追記】
Joeymaさんの
instagram見ていたら

他にも
ガガの写真が載ってた

こちらも
合わせておすすめよ〜〜〜


【joeymaindividuality】








今でこそ
おひとりさまなんて言って

1人カラオケも
珍しいことではなくなったし

”お1人様でご利用の場合”なんて
書かれていたりするけれど


そんなんよりも
う〜んと前から

彩ね。は
1人カラオケ経験者なのだ



20代の頃は
ボーカリスト目指してたから

カラオケボックスは
自分1人のいい練習場だった


エコーの調子も
自分好みに変えたりしてね



自分が心地よく歌えれば
それで良かった

自分が大きな声で歌えれば
それで良かった


歌うのが好きだったから
ただ歌っていたかったから


初めの頃は店員に
珍しそうな顔されたけど

慣れてしまえば
なんてことなくなる



好きな歌を
心ゆくまで歌うためだったら

どう思われるとか
考えてる暇もなかったんだよな


むしろ
珍しがられるのを楽しんでた


本当に
好きなことって

気にする
気にしないって

考える暇さえも
存在しないんだよなぁ〜



ちなみに彩ね。の歌声はここで聴けますよ〜
http://color-voice.at.webry.info/




azuki.png


ぶっちゃけ
彩ね。は

小豆ラーならぬ
小豆大好き人間なので

あんこ系のお菓子は
作るのも大好きなのよ〜〜〜


おかずが無かったら
ご飯に小豆だけでもイケる!

ってそれ
おはぎじゃん・・・



---小豆のショートブレッド---
(天板1枚分)

★薄力粉 110g
★全粒粉 40g
★砂糖 大さじ2
★塩 2つまみ

オリーブオイル 大さじ3
小豆(今回は粒あん) 100g
水 小さじ1、5


1、オーブンを170度に予熱準備

2、ボウルに★を入れて
  手でサラサラと混ぜ合わせます

3、オリーブオイルを入れて
  優しく手ですり混ぜて馴染ませます
  塊は優しく手でほぐすようにしてくださいね

4、小豆を入れ生地をまとめます
  これだけではまとまりづらい場合
  水を入れて様子を見ながらまとめます
  
  (3・4の手順に関しては
   なかしましほさんの
   ごまスティックの説明が参考になりますよ)

5、オーブンシートの上に生地を置き
  厚さ5mm位に生地を伸ばしていきます

6、食べやすい大きさに切り込みを入れ
  フォークで穴をあけていきます

7、170度のオーブンで20分焼いて
  焼き上がったら天板の上で冷まします



ほんのちょっとだけ
効かせた塩がいい仕事してくれます


片手でつまめるので
小腹が空いてるときや

忙しいときの
軽食にもおすすめですよ〜








エルメスや
シャネルのウィンドウは

もうすっかり
秋冬モードになっている





これは
エルメスのウィンドウ


この写真では
わかりづらいけれど

自転車の上の棚には
食器がディスプレイされてた



マネキンに拘らない
エルメスのウィンドウからは

創造の喜びと
自由さが感じることができる


馬具作りから始まり
その技術を生かしながら

時代と共に
新しいものを生み出してきた

エルメスの柔軟性は
やっぱり素晴らしい








シャネルのマネキンは
相変わらず動きがあって素敵


「人形」ではなく
「人」を扱っているという

ポリシーが
感じられるのがいいんだ


下の写真の
真ん中の女性のポーズが

彩ね。には
とてもツボだったなぁ・・・



勿論
ウィンドウだけじゃなく

時間があれば
店内も散策するんだけど


彩ね。にとっては
美術館を見にいくような感覚

なので
どこでもいいって訳ではなく

本当に
興味のある店舗だけ入る



店員さんと
話すときっていうのは

専属の美術館解説員が
ついてくれてるという感覚


しかも
その美術品は

見るだけじゃなくて
触れるんだからね〜〜〜



ブランドショップって
買わなければ

見せてくれないとか
触れないとか


思い込んでる人って
きっと多いと思うんだけれど

そんなこと
全然ないんだよ〜



一流の人々ほど

丁重なサービス
丁寧な心遣いを知ってる


人を
人として扱い

心を配る
ということを知っている



生育環境で

親にセコセコと
金勘定されたりしてると

外の世界でも
金勘定しかされないって

思い込みが
できてしまうから

こういう場からも
遠ざかりがちになるんだよね



けれど
実際は違うんだよ〜


当然のことながら
ショップの人というのは

そのブランド製品を
身につけて立っている


つまり自分は
それを身につけるのに

相応しい人間という
自己肯定感をしっかり持っている


自分自身を
人として

丁重に
ゴージャスに扱う


その大切さを
知っている人たちだからこそ

話していて
心地いいんだよね〜〜〜〜






変態とか
変人とか

このテの言葉は
彩ね。にとっては褒め言葉


マトモとか
真面目とか

そんなもの目指したって
苦しみしか産まれないし


”変わってる=他者と違う”


それこそが本来

「個人」として
「個性」を持って生きるのに

当たり前のことなんだから


変人上等!
変態上等!



それに
彩ね。の好きな人たちは

オノ・ヨーコも
レディ・ガガも
マドンナも
ジョン・レノンも

他にもとにかく
たくさん居るけど


突飛とか
変人とか
変わり者とか

言われ続けてきている
好きな人たちとお揃いなんだもん


好きな人たちとの
共通点探しは

こんな風に
喜びを貰えるんだ〜



そういえば
変態違いだけれど・・・

ドラマ
「やまとなでしこ」に出てきた

このカメレオンちゃん
めっちゃ可愛かったなぁ〜〜〜

kamele.png


こうやって
写真だけ見ていると

舌を出した
ウルトラマンっぽくも見えるね〜

(実際のウルトラマンは
 舌は出さないけど)


変身ヒーロー
ウルトラマンと

カメレオンが似てるって
なんだか面白い!


でもそっか
桜子と欧介を繋いだ

「愛の味方」は
このカメレオンちゃんなんだもんね




gobomi.png


暑い時期には冷奴や
片手で食べられるおむすびが美味しい!

そんな時に
お役立ちのごぼう味噌です



---ごぼう味噌---
(約400mlタッパ1つ分)

ごぼう 2/3本

*味噌 大さじ6
*砂糖 大さじ3
*みりん 大さじ2
*酒 大さじ2
*酢 大さじ1
*おろし生姜 お好み量(今回は小さじ2位)
*顆粒鰹だし 小さじ1(あればでOK)

●白すりゴマ 大さじ2
●鰹節 2パック 

胡麻油 適量


1、ごぼうを食べやすい大きさに切ります
  今回は縦半分にした後に更に半分
  これを細かく刻んでいきました

2、ごぼうを水にさらしておきます

3、*の材料をボウルに入れ混ぜ合わせます

4、鰹節は袋に入ったまま揉んで
  細かくしておきます

5、ごぼうの水を切り
  フライパンに胡麻油をしき中火で炒めます
  火が通ったら少し火を弱め
  3を入れてゆっくり混ぜ合わせていきます

6、表面がテリテリしてきた感じになったら
  ●を入れ全体に混ぜ合わせてできあがり



冷蔵庫で
3〜4日は持ちますが

まとめて作ったら
冷凍保存も可能な便利もの


ごぼう以外にも
獅子唐やピーマンなどでも


炒めたひき肉と混ぜて
肉味噌丼にしたり

焼うどんや和風パスタの
調味料としてもいいですよ〜〜








底の底を
見たから思ったのは

まだまだ
知らない世界があるということ

まだまだ
知らない幸福があるということ


日常だと
思っていた光景

当たり前だと
思っていた光景


それが
異常環境と気づいたときの

ショックは
並々ならぬものだった



それでも
底の底があったから

今でも知りたいことがある
今でも追いかけたいものがある


中途半端な
宙ぶらりんなんかより

底に辿り着くからこそ
底力が湧いてくる


知りたい方向へ
生きたい方向へ


あの場所は
終わりではなく

あの場所こそが
ぼくの始まりだったんだ




kaepa.jpg
* かえぱ *



彩ね。の
人生の中には

メンターも
師匠も
マスターも存在していない


尊敬する人は
大好きな人だから

ユーモラスで
エロくて
カッコいい人ばかりだから


怖れおののくような
神は存在していない



その代わり
見えない存在は信じてる


けれどそれも
ユーモアがあって

たま〜に
ちょこっと繊細で

悪戯が好きで
可愛らしい存在ばかり



よく天災が起きたり
大きい事故が起きたりすると

神の怒りだなんだと
騒ぎ立てる人々が現れるけど

そういう人々こそ
誰かの支配下で生きているんだ


自分たちの
脳内に巣食ったままの

支配的他者という闇を
神という存在にすり替えて

恐れろ
敬えと

自分の恐怖心を
他者に振りまいているだけの

とんでもない
迷惑行為なんだよね〜〜



本当に凄い存在って
本当に輝いてる存在って

見える世界でも
見えない世界でも

威張ったりしない
脅迫したりしない


とてもキュートで
めっちゃセクシーで
超ユーモラスで


年齢とか
地位とか

そんな垣根も
ブッ壊してブッ飛ばして


愛と輝きだけで
繋がってるものなんだから



ミツキヨ『強烈ロマンス』






きみが
居なくなるということは

ぼくの
言葉を受け取る相手が

この世界から
消え去るということ



そして
行き場を失った言葉が

今日も
この空を舞っているけれど



同じ空の下
ぼくとは違う誰かの

受け取り手を失った
言葉とどこかで交わって


それは
新しいハーモニーになる

それは
新しい生命になる








祈っただけでは
平和など生まれない

願っただけでは
平和など生まれない


戦争は
脳内で起きてるから

平和も
脳内で産まれるから


平和を築くのは自分
平和を守るのも自分



平和を守るって
脳内に花を咲かせるみたいだって

くす玉みたいに咲いてる
この花を見てて感じたんだ



これ
アフロヘアにも見える~


アフロヘアって
なんだかよくわからないけど

見てると
ポップな気持ちが湧いてくる

何かが弾けたような
イメージが湧いてくる


脳内に
花が咲いた世界が

髪型になったのが
アフロヘアなのかも~~~~



Billy Preston『Nothing From Nothing』