ulueye.png


美しき音に
出逢う度に想う

これまでの道に
間違いなどなかったと


美しき人を
知る度に想う

此処にある傷は
無駄ではなかったと


たったひとりでは
知り得ないことがあっても

触れることで
胸の奥から突きあがる想い



傷は消えなくても
知ることで溢れるものがある

迷いそうになっても
知ることで取り戻せるものがある


ぼくらが
知り続けたいのは美しさ

ぼくらが
知り続けたいのは温かさ



道標は愛の中にある
道標は甘美の中にある


遠い日の
孤独な闘いは

とろけるほどの
甘い世界に辿り着くためだった



the HIATUS『Horse Riding』



スポンサーサイト

piyora.png



きみは
何も奪ってなどいない


ぼくらは
与え合うために出会うから

ぼくらは
与え合うために産まれるから

ぼくらが
生きるのはそういう世界だから



もし誰かが
きみが奪っていると言うのなら

それは
きみではない


その言葉を
投げかけている人間が

奪い合いの世界で
今も生き続けているだけだから


そんな言葉
信じてはいけない

きみが
泣きたくなる言葉は

1ミリも
受け取る必要などない



ぼくは
誰よりも知っているよ


きみが
花のように笑えることを

きみが
炎のように温かなことを



きみの愛を
待っている人が居るから

きみの光を
知っている人が居るから


愛で手を繋ぐ世界へ
光で心を繋ぐ世界へ


ぼくらは
与え合うために産まれ

ぼくらは
与え合うために出会い


ぼくらは
与え合うために

命の音を
シャラシャラ鳴らしているから




ジュリー&ジュリア [DVD]ジュリー&ジュリア [DVD]
メリル・ストリープ、エイミー・アダムス 他




幸福を知りたければ
幸福を知っている人と繋がる

喜びを知りたければ
喜びを知っている人と繋がる

愛を知りたければ
愛を知っている人と繋がる



その人が
目の前に存在しなくても

たとえ
会えることはなくても


その人の
生み出したものに触れ

その人の
育てたものに触れ続けていれば


それは深く
心の中に沁み渡っていく



その分野は
人によってそれぞれだけど

ジュリーは
ジュリアのレシピ再現により

ジュリアの育てた
魂と愛と繋がったんだ



この映画には
「心の恩師」という言葉が出てくる


これはちょっと
ネタバレになってしまうけど

ジュリアのレシピに
救われたジュリーのブログを

ジュリアは
あまり快く思っていないと

話を聞いた彼女が
落ち込むシーンがある


そのとき
彼女の夫はこう言うんだ


☆-----------------☆

実物は気にするな

大事なのは

君の心の中にいる恩師だろ

☆-----------------☆


そうなんだよ


たとえどんなに
その人の存在に救われても

たとえどんなに
その人の存在を愛していても


服従する必要もなければ
媚びる必要もない



だって

本当の自分の心を知ってるのは
自分だから

本当の自分の愛を知ってるのは
自分だから


大好きな人は
道標ではあるけれど

神様でも
教祖でもないんだから



この2人の女性の
素晴らしいところは

誰の言葉にも
従わなかったこと


自分がやりたいから
自分が好きなことだから

他者から見たら
ただの暇つぶしに見えることを

本気でやり通して
人生を切り開いていった



宇宙や
愛と繋がるのに

ノウハウや
マニュアルなんて必要ないんだ


心が微笑むものに
触れ続けてさえいれば



【ジュリー&ジュリア / 予告編】






LASKO1.png


97歳のアーティスト
HAL LASKOさん

なんと!
絵を描き始めたのは

80代に
入ってからだそうな


これが
作品なんだけど・・・


LASKO3.png

LASKO2.png


Windowsの
ペイントソフトで描いたもの


ほんと
人間の可能性って

どこで
花開くかわからない

花開いたあと
育て続けるのは自分だけれど


どんな年齢でも
どんな環境でも


生み出す人は
生み出していくし

育てていく人は
育て続けていく



こういう人の
存在を知る度に

年齢をダシにして
絶望を語る年寄りの話って

つくづく嘘だよなって
改めて思うんだ



ココ・シャネルだって
70歳で復活したしね


自分の好きを
持ち続けている人間は

いくつになったって
希望に満ちて生きてるのさ



【The Pixel Painter / HAL LASKO】




自分の心は目に見えないけど
感じることができる

自分の心は目に見えないけど
知ることができる



だからこそ
自分の心を置き去りにして


天使やら
守護霊やら

スピリチュアルと称して
目に見えない存在ばかりを

追いかけ続け
固執する人々には


彩ね。は
違和感しか持てない



まずは自分なんだ
目に見えない自分の心なんだ


自分の心を感じて
自分の心を知って

自分自身を
中心に置けるようになれば

見えない存在との繋がりが
自然と見えてくるようになる



他者視線や
他者評価を気にして

自分の心さえ
外部に振り回されてるうちは

目に見えない存在にも
振り回されて生きることになる



まずは自分から
自分の心から


本当に聞きたいのは
置き去りにした自分の声だから

本当に知りたいのは
忘れようとした自分の感覚だから


自分のことを知れば
それとは自然に繋がっていくんだ



shuno.png



小栗旬くんって
正当派美男子目指さない

どっか
ひねた感じがあるのがいいんだ


ひねたって
悪い意味じゃなくって

「いい子を目指さない」

そういう雰囲気を
醸し出しているところね



・・・なんて思ってたら
こんなインタビューを見つけた

【GOOTA・小栗旬インタビュー】


☆------------------☆

『平均点を目指さない』

つまり

『周囲と同じを目指さない』

☆------------------☆


これが
個性=自分素材を生かし

表現しながら
生きるってことだもんね



じゃん!!

ogupa.png


「かっぱ村長」

これも
小栗旬くん


その前から
ちょっと気になってたけど

これ見て
やってくれるね!って大笑いしたんだ


バカなことを
大真面目にやれる

これが彼の強さであり
素晴らしさなんだよな〜


【映画『荒川アンダー ザ ブリッジ』かっぱの村長インタビュー】





angelevator.png



この世界を
醜いと思うのか

この世界を
美しいと思うのか

それは日々
見続けている風景で変わる



同じ空の下
歩いていても

同じ空の下
生きていても


たとえ
そこに

美しい光景が
広がっているとしても


目を向ける人には
素晴らしさと感動が存在し

目を向けなければ
それは存在さえしないことになる



美しさにも
素晴らしさにも

気づくのは自分
見つけるのは自分


感動も
喜びも

見つけるのは自分
育てるのは自分



どうせ生きるなら
美しいものを

どうせ生きるなら
感動的なものを


自分の心の中に
広がりゆく世界は

自分への愛と
意思で選びとれるから


見たいものを見なくっちゃ
欲しいものを見なくっちゃ





シュアリー・サムデイ スペシャルエディション [DVD]シュアリー・サムデイ[DVD]
小出恵介、勝地涼 他




小栗旬の
初監督作品


これかなり
酷評されてるけど

彩ね。には
とても面白かったな〜〜〜



っていうか
これ酷評してる人って


他者や
世間に

バカとか
アホとか
くだらないって言われても


自分の好きなことを
とことん貫くって生き方を

これまでしたことが
ない人なんじゃないかと思う



本気で自分の心を
生かし続けようと思ったら

本気で自分の好きを
大切にし続けようと思ったら

生と死のギリギリラインで
戦わなければいけない時がある



この映画では
相手がヤクザだったけど

親が相手の人も
世間が相手の人も居るだろう


そういう経験を
1度でもした事がある人なら

この映画の世界は
決して架空とは言いきれない



たった1度の人生
誰になんと言われようが

自分の好きや
自分の喜びを

後回しにしないで
結局はやったモン勝ちなんだ


これは小栗旬くんの
魂の叫びの映画でもある


バカらしさ全開で
カッコよくて

メッチャ
気分爽快になれる作品だよ〜〜



手嶌葵『Because』




Rinka's Only DaysRinka's Only Days
梨花





マタニティー期の
梨花ちゃんの姿をおさめた本


この本を読んでると
ほっこりした気持ちになるんだよね〜

彼女の中に宿る
優しさや愛しさが

ギュ〜〜ッと詰まってて
本を通して滲み出て来る感じ


自分自身が
幸福を知ってるからこそ

他者にも
幸福を伝えられるって真髄は

こういうところからも
感じることができる



彼女の素晴らしさは
肌感覚の繊細さと鋭さにある


繊細さとは
弱さだと思われがちだけど

喜び感受
嬉しさ感受

こっち方面に使えば
自分だけの宝物集めに充実する



この本には
エッセイのほかに

こだわりのアイテムや
場所も載ってるんだけど


そのひとつひとつの
どこにこだわったのか

というところに
やっぱりセンスを感じる



こういう人を見ると
お金のかけ方が違うとか

だから一般人には
参考にならないとか

普通に言ってのける人は
わんさか存在するけれど


(まぁこういう人は
 自分には手に入らないっていう

 思い込みがあるからこそ
 こういう発言が産まれるんだけどさ)


参考にすべきは
表面的なものじゃなく

本質的な
こだわりの部分なんだよね



勿論梨花はモデルだから
お金のかけ方もそれなりだけど


本質的な素晴らしさは
そういうことではなく

自分の肌で感じる
「喜び」や「幸福感」を軸に

あらゆるものを
選択してるってところ



自らの感覚への愛
自らの選択への愛

これが
人生そのものへの愛であり


そこから産まれる
自己肯定感こそが

梨花という存在が
放ち続けるオーラなんだから






SuperFlat.png


村上隆さんの描いた
ヴィトンの短編アニメ

これ
凄く好きなんだな〜



創造するということの
喜びが

画面から
溢れんがばかりに伝わってくる


お堅いイメージの
ヴィトンのモノグラムも

隆さんの手にかかると
こんなにユーモア満載になるんだ



LouisVuitton『SUPERFLAT MONOGRAM』
LouisVuitton『Superflat First Love』


1作目の監督は
『サマーウォーズ』の細田守

2作とも
プロデューサーは高城剛


素晴らしい
日本人クリエーターのタッグが

こんな風に見られるのも
とても嬉しいことよね〜〜〜






sunf.jpg



喜びは輝き
楽しみは愛


自分さえ喜ばせていれば
輝きは開き

自分さえ楽しませていれば
愛は開き

その美しさに
立ち止まる人が現れる



世のため
人のためなんていう

キレイゴトを並べたて
自らを枯渇させることが

輝きを枯らし
愛を枯らせていく



喜びは輝き
楽しみは愛


輝きを知るとは
自分に与える喜びを知ること

愛を知るとは
自分に与える楽しみを知ること



Madonna 『Like A Flower』