☆--------------------☆

ファッションって

コスプレそのものでしょ

☆--------------------☆


これ
ミッチー(及川光博)のお言葉


さすがミッチー
いいこと言うよね〜〜〜



コスプレって
好きな人の生き様や思想を

身にまとって
表現することなんだ


彩ね。は
10代の頃アニメオタクで

当時の友達は
コスプレ好きの子も沢山居た


自分の好きなものを
自分で手作りして

それを身にまとって
パワーを貰うんだ


アニメオタクの
コスプレ世界は

好きなキャラのパワーを
そのまま身に纏う訳だけど

それはいずれ
自分の好きの総結集という

自己表現へと
発展していくことになる



好きなものだから
身にまとって元気になる

好きなものだから
身にまとって守られてる気持ちなる


好きを探求し
好きを身につけ

手元になければ
手作りするというコスプレ精神は

自己を表現して
生きることと直結している



全身を使って
好き(愛)を表現すること

それこそが
好き(愛)を魅き寄せてく


大好き〜!って気持ちの
全身表現がファッションだ



ミッチーって
自己プロデュース能力が

デビュー当時から
ものすごく長けてるんだよね〜


自分の内面も
自分の外面も

存分に生かしきった
ミッチー王子スタイルは

まさに彼の
生き様そのもの


彼の言葉の端々には
めっちゃ愛が溢れているも〜ん


ほんと彼と
同じ時代に生きられて嬉しいよ




及川光博『三日月姫』




スポンサーサイト

supmooa.png



満月じゃなくても
新月じゃなくても

いつでも月は
そこに存在している



当たり前にあるように
感じるものさえ

そこに
存在する瞬間まで

それは存在せず
ある日生まれ

長い時間を懸けて
命を育んでいる



多くの人にとって
当たり前のものが

当たり前にない環境で
生まれ育ってきたから


多くの人にとって
当たり前に感じるものが

ぼくには
とても愛しい










優しさが
優しさでしかないように

憎しみが
憎しみでしかないように

愛しさは
愛しさでしかないから

歪んだ愛など
存在するはずもない



テレビや
メディアに出てくる

心理学者や
精神論者は


子供を傷つける
親のことを

歪んだ愛で
愛してない訳ではないと

平然と
言ってのけるけれど


これこそが
親に洗脳された

いい子ちゃん意識からくる
キレイゴトでしかない



いい子ちゃん意識ってのは
一般論しか語らないんだ


基準は
自己感覚ではなくて

大多数ウケする=
世間体さえ良ければいいという目線だから

教科書に載ってるような
優等生的なことしか言えない


教科書に載ってるような
優等生的なことしか言えないのは

誰かの作った
教科書に添って生きてる証拠なんだよ

つまりそれは
自分人生を生きてないってことなんだ



自分を生きてたら
自分を大切に生きてたら

歪んだ愛などというもの
存在しないってことがよくわかる


憎しみが
憎しみでしかないように

優しさは
優しさでしかないように

愛しさは
愛しさでしかないんだ



理屈もなく
ただ好きって感情に

誰かを
愛しいって想う気持ちに

歪みなどというものは
微塵も存在するはずなんかない




shibi.jpg


本当のいい人とは
「いい人ぶる」ことはしない


トゲという毒は
美の表現のために使い

自分の心で生き
自分の足で歩くために使う



トゲを使って生きるとは
自分を使って生きるということ

トゲを使って生きるとは
人生を使って生きるということ



痛みを知ったからこそ
愛を表現して生きるために

醜さを知ったからこそ
美を表現して生きるために


トゲは
自分の内側に向けるのではなく

自分の美を魅せるために
自分の心を生かすために

自分の想いを
守り通すために

外側に使って生きるんだ




carme.png


カルメン・デロリフィチェ
やっぱすごいわ〜

82歳で
ヴォーグイタリアに載ってる


ここまで来ると
白髪ではなく銀髪という感じで

神々しさというか
高貴さを感じる要素になってる


これもまた
彼女自身が重ねてきた

自分の年齢に
自信を持っているからだろうな



生涯現役って
凄く好きな言葉なんだけど

20代の頃ってのは
生涯働き続ける事だけが

生涯現役って
いうことだと思い込んでた


勿論彼女は
モデルとして現役だし

彩ね。は死ぬまで
創作活動を続けると思うけど


でも
それだけじゃない

生涯現役っていう
「生き方」があるんだ



生涯自分を使って生きる
生涯心を使って生きる
生涯自分人生を使って生きる


肉体が生きてても
心が死んでたら現役とは言えない

肉体が生きてても
自分を殺してたら現役とは言えない



肉体の死が訪れる
そのときまで

自己を発し
表現して生きていくこと


そして表現の場は
人それぞれ違うからね


その
表現する場が

家庭生活の中であっても
社会の中であっても


それぞれ
その人の愛する場で

自分の持つ
愛と喜びという躍動を

表現し続けることが
生涯現役ってことなんだよなぁ〜〜




★ここで他の写真も見ることができる
【See 82-Year-Old Carmen Dell’Orefice Put You To Shame】


cocha.png



感謝しましょうとか
感謝しなさいとか

一見綺麗に聞こえる言葉ほど
呪縛になるものはないんだよな

ホント
新興宗教並みにタチが悪い



映画『ココ・シャネル』の中で
すごく好きなセリフがある


☆--------------------☆

私が感謝できる相手は私だけ

だからシャネルって名を名乗れるのよ

☆--------------------☆


誰にも囚われず
時代にも囚われなかった

彼女の生き方
そのもののを表現した言葉だよね



他者に感謝を強要するのは
本当は自分が感謝されたいからだ

自分が感謝されたいのは
自分で自分に感謝できてないからだ



けれど自分に対する
自分自身の評価の低さを

他者に求めたところで
自分が満たされることなどないんだ


自分の欲するものを
自らの手で作り続けた

ココ・シャネル
だからこそ

他者に感謝するのではなく
自分に感謝するのだと言い切った



映画の中のセリフだから
実際の彼女が発した言葉かは知らない


けれど彼女の生き様を
心いっぱい感じられた作品の中で

語られたこのセリフは
明らかに真実の言葉なんだ


parikitty.png
Souce by Parishilton Instagram


パリスヒルトンの
キティちゃんコスチューム

ヤバい!
可愛すぎる!!!


ここで
動画も見られるけど

http://instagram.com/p/a4-nQtKgJc/


こんなの見たら
過去のセックスビデオ騒ぎさえも

彼女にとっては
既に武器になってるとわかる



パリスの可愛さは
見た目だけではないし

パリスのセクシーさも
見た目だけではない


内側から
溢れ出るものでなければ

見ている人間の
心までもが

躍動することなど
あり得ないんだから








6222.png

6223.png

6221.png


そこにあっても
目を向けなければ手に入らない

そこにあっても
手を伸ばさなければ手に入らない

そこにあっても
心を向けなければ手に入らない


そして
それは


そこにあるなら
目を向ければ手に入る

そこにあるなら
手を伸ばせば手に入る

そこにあるなら
心を向ければ手に入るということ



喜びは
祈っててもやってはこないけど

幸福も
祈っててもやってはこないけど


目を向ければある
喜びに

手を伸ばせばある
煌めきに

心を向ければある
愛しさに


自らの意思で
体を向けていくことが

受け取る権利という
肯定を生み出していくんだ







kekusa.png


おやつとしても
軽食気分でも味わえるケークサレ

ここのところの
彩ね。の好きなケーキのひとつ



---玉葱とクリームチーズのケークサレ---
 (65×175×45H型1個分)


薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ1

卵 2個
砂糖 40g
オリーブオイル 大さじ2
塩 小さじ1、5

玉葱(中) 1個
塩 2つまみ

干しぶどう 30g
クリームチーズ(有塩) 約30g


1、オーブンを160度に
  予熱準備しておきます

2、玉葱をみじん切りにして
  オリーブオイルで炒めた後
  軽く塩を振っておきます

3、クリームチーズは
  小さいサイコロ状にカットします

4、ボウルに卵を割り入れ
  砂糖と一緒に1分程泡立て器でよく混ぜます

5、4にオリーブオイルを入れ
  全体に馴染ませるように更に混ぜます

6、5に玉葱、干しぶどう、クリームチーズ、
  塩を入れ均等になるようにさっくりと混ぜます

7、薄力粉とベーキングパウダーをふるい入れ
  粉気がなくまるまでさっくりと混ぜます

8、型に流し入れ
  予熱準備完了したオーブンへ
  160度で30分程焼きます

9、綺麗な焼き色が出て
  割れた感じになっていたら
  アルミホイルをかけて
  更に170度で10分焼きます

10、真ん中あたりに竹串を刺して
   生地がくっついてこなかったらできあがり

   ★水分が飛ばないように焼き上がったら
    天板からはすぐにおろし型からもはずして
    冷ましてからカットすると
    しっとりしたできあがりになります



実は
初めて作ったとき

干しぶどうではなく
アーモンドを入れる予定だったのだけど

うっかり忘れてて
焼き上がり前に気づくという事態に・・・


ところが
干しぶどうの甘みが

ケークサレの塩味の
箸休め的に丁度いいのですよね〜〜〜



ちなみに
我が家のオーブンは

通常のレシピより
10度下げた温度が

いつも丁度いい
焼き上がりになる感じなので


うちのオーブンは
ちょっと火力が弱いかも?!という方は

オーブンの温度を
調整しながら作ってみてくださいね



tomaj.png


ちょこっと
蒸し暑くなってきたので

ひんやり
涼しげなサラダが美味しい〜



---トマトとコンソメのジュレサラダ(2人分)---

トマト(中) 2個
オリーブオイル 小さじ2
塩 1〜2つまみ

湯 200ml
固形コンソメ 1/2キューブ
粉ゼラチン 小さじ1

大葉 お好み量



1、お湯200mlを湧かし
  固形コンソメを入れかき混ぜ
  全体に溶けたら
  粉ゼラチンを入れよくかき混ぜます

2、1をバット等に入れ
  冷蔵庫へ2時間ほど入れ固めます
  
  ★急ぎの場合は冷凍庫へ
  その場合40分〜1時間で固まりますが
  様子を見て取り出すようにしてください
  
3、2が固まったら
  スプーン等でかき混ぜてジュレ状にします

4、トマトをさいの目切りにして
  オリーブオイルと塩で和えたら
  好みの器の真ん中に盛りつけます
  ジュレと一緒に食べるので塩は控えめに

5、トマトの周りにジュレを流し込んで
  刻んだ大葉を飾ってできあがり
  (写真は芽シソをのせてます)



ジュレにするだけで
見た目のお洒落度もUPしちゃうって

なんて
お手軽で素敵なんでしょう〜〜〜



dieyes.png


信じることさえ
強制してはいけない

信じることさえ
美化してはいけない


何も信じられなくなって
誰も信じられなくなって

信じるものが
どこにもなくなって

その先に
見つかるものが必ずある


握りしめた手のひらに
残されたものを知ることができる



信じられないものを
すべて捨てて

信じられない人を
すべて捨てて


その先で
見つけたものだからこそ

大切さを知れる
愛しさを知れる



信じることさえ
強制してはいけない

信じることさえ
美化してはいけない


信じるものを
すべて失った悲しみを

知った者にだけ
知り得る愛しさがあるから

信じるものを
すべて失った苦しみを

知った者にだけ
知り得る輝きがあるから



ASA-CHANG&巡礼 『- 花-a last flower-』



今年3月
東京ディズニーリゾートで

同性愛カップルの
結婚式が行われた


【Same SEX lesbian wedding@Tokyo's Disneyland】


なんて
美しい2人なんだろう

なんて
輝いている笑顔だろう



そして
改めて思うんだ

世間体やら
大衆論やら

そんなものに
こだわり続けたところで

幸福など
手に入らないということを



真の幸福も
真の強さも

性別や
年齢も

他者視線も
社会的地位も関係なく


好きを貫き通すことで
手に入るということを






paku.png


嫌いなものに
触れ続けていたら

嫌いに触れてる
自分が嫌になって

それがやがて
自己否定に繋がっていく



好きなものに
触れ続けていたら

好きに触れてる
自分が好きになって

それがやがて
自己肯定に繋がっていく



不安は
自己否定から生まれ

安心は
自己肯定から生まれる


だからこそ
自分以外の誰かを

安心させるために
生きるなんてバカバカしい



親を安心させるため
これもよく聞く言葉だし

安心させろと平然と
子供に言う親もゴロゴロ居るけど

親の不安の原因なんて
本当は子供じゃないんだよ


自己否定力の強い親は
子供を否定することで

自己否定を
見ないようにするけれど


それこそが
親自身の選んできた

「見るもの」
「聞くもの」
「触れるもの」

そして
人生そのものに対しての

幼稚な
責任転嫁なんだからさ



「何を見続けるか」
「何を聞き続けるか」
「何に触れ続けるか」

それを選ぶのは
自分自身の意思=責任なんだ


だからこそ
親の抱えている自己否定に

子供は何ひとつ
責任など生じたりしない



自己否定力は
放っておいてもやってくる

自己肯定力は
意思を持って育てる必要がある


一瞬では育たない
数日では育たない


けれどそれを
丁寧に根気よく育て続け

自分の喜びを
自分の快感を

自らの心身を使って
手に入れていくことこそが


大人であること
愛であること



本当の大人とは
自分で選ぶものの責任を

自分で背負って歩いてる人のこと
自分で愛して歩いてる人のこと