fc2blog_20160609144120aa4.jpg


ロックの日に
今年最初の百合が咲く


今日は私の
第二の誕生日

というのは
予定日はこの日で

ひと足早く
5月末に生まれたらしい



母親と会話のある日を
取り戻してきて

浮上してきたのが
性犯罪にあった時の


犯人でもなく
母親でもなく

私自身に対して
抱いてきた思い



見知らぬ人についていった
父親がいない寂しさに負けた

あっさりと嘘をつかれて
自分を傷つけさせてしまった

あんな男を信じて
私はバカなんじゃなかろうか

逃げてくればよかった
でも逃げられなかった



そんな私のことが
私は大嫌いだ~と

そのときいかに
自分を嫌いになったか

あえて
感じた気持ちを吐き出した



わ~んと泣いた
嫌いだと言い切った



そしたら・・・
その日の夜になって


なんだ
私悪くないじゃん

何にも
悪くなんかないじゃん

なんで
私を責めてきたんだろ


こちら側の気持ちが
ふっと湧いてきて驚いた



3歳の時なので

自分の足で
警察に駆け込む知恵もなく

親に内緒で
相談する友達もいなかった


成人してから
数度に渡って

メンタルケアの場でも
話してきたことでもある



性犯罪に遭ったというと
当たり前のように言われる


あなたは
何にも悪くない

あなたは
自分を責めなくていい



あなたが
可愛かったからだよ

だからもっと
自分を褒めていい


そんな風に

ポジティブな解釈へと
変換してくれる人もいた



そんなこと
自分でもわかってるよ

それができないから
もがいてきたんだよ


心の奥では
そう叫んでいたのだと思う



優しくしてくれる人も
慰めてくれる人も

私にはずっと
嬉しくなかったんだ



優しい言葉をかけることが
悪いことでもないし

慰めることが
悪いわけでもない


それは
もう

経験の違い
でしかないのだと思う



嫌いになったよ
う~んと自分を嫌いになった



その気持ちを
ただ聞いて欲しかった

それだけ
だったのかもしれない



これは
性犯罪に限らず

イジメにあったとか
逆にイジメたことがあるとか


好きな人が
好きすぎるがゆえに

嫌なことを
嫌と言えなかったとか


そういうことでも
おんなじかもしれない



自分を
嫌いになっちゃいけない

それだって
きっと握り拳なんだよね



スポンサーサイト




会話というには
まだほど遠い状態でも

母と話すようになって

過去に残してきた
感情に気づく日々



わたしは結構
新体験をするのは好きで


お金持ちが
周りにいなかったから

幸せな優しい
お金持ちさんに会ってみたり


家の中で丁重に
扱われたことがなければ

ホテルのカフェで
お茶をしてみたりして

丁重に扱われる
経験をしてみたり・・・


こういうことには
長けていたのだけれど

体の奥に閉じ込めていた
感情が放てずに止まってました



以前は
母にとって

触れられたくない
言葉に触れた途端に

ヒステリーという
イタいオマケがついてきてた


この
イタいオマケがついてくると

”言葉”は話せても
”気持ち”は話せなくなる

そして何より
弱さが見せられなくなってく



というわけで
今は

”気持ち”を話すように
心がけているのだけど


今までと違う
話し方をしていると

聞いてる側は
「?」になるらしく


---*---*---*---

以前は本当の気持ちを
話すのが怖くて
場を丸く収める言葉を
話していただけ

---*---*---*---


これを
ハッキリと告げてみた



過去に
恐怖だった対象に

怖かったと
伝えてしまうということは

以前のわたしにとっては
”負け”な行為だったのだけど

言ってしまえば
あれ?という感じ・・・



怖いって言っても
平気だったじゃんか

というか

今笑って
怖かったって言ってたぞ



笑って言えなかったことが
笑って言えるようになると

自分で
自分にほっとするのだわね






ある朝

---*---*---*---

わたしは
わたしの人生に関わる

コントロールの
すべてを手放します

---*---*---*---

そう
言うといいって

心が呟いたので
言い続けてみたら


今まで
大切にしていたものでも

実は無意識に
わたしを縛っていたものを

見つけ出して
処分することができた



ある日

---*---*---*---

わたしは
何も買えなくても価値がある

わたしは
お金が払えなくても価値がある

---*---*---*---


その言葉が
歩いてると浮かんできて

ぶつぶつと
呟やいてみていたら



子供の頃
同級生のお誕生会に行ったとき


お父さんがいなくて
お金がないのだろうから

あなたはプレゼント
買ってこなくていいよって


お誕生会をする家の
お母さんに言われたことと



そのときの
悲しかった気持ちと

そのときの
悔しかった気持ちが湧いてきて


”皆よりお金の払えない子”
”皆より物が買えない子”


という
イメージを

無意識に
刷り込んでしまったのだと

やっと
気づくことができた



直感的に
生まれた宣言って

刷り込みじゃなくて
探索に使ってくものなのね



必ずそれを見つけるよ~



っていう

探索に対する意思表明が
宣言なのかもしれないわ



【追記】

写真は
昨日の午後の空


なんとなく
見上げてみたら

太陽の光が
優しく射してる感じが

素敵だなぁ〜って
撮ってみたけれど


あとになって
よ〜く見てみたら

うっすらと
ハロのように弧を描いてる光



彩ね。の
ハロ探知機能って

自分でも
ビックリしてしまうわ



そして
見直した世界には

「瞬間」では
気づくことのなかった

感動や
煌めきが

「じんわり」と
隠されていたりするのだわ



fc2blog_20160221172142506.jpg


父親の死の
ショックを振り返ると

その中には

(突然身内が居なくなっても
 平気なように)

「早く一人で
 生きられるようにならなくては」

「早く頑張って
 稼げるようにならなくては」


という

父の死の直後
抱いた感情が存在してました



物事が
緩やかに進み始めたとき

常に
心の中に湧いてくる

「早く」と
急いる言葉の根っこが

どこにあるか
ずっとわからなかった



いや・・・

父の死を機に抱いた
ネガティブがあるという感覚は

どこかで
薄ら持っていたけれど


父の死に対して
ショックを抱いた自分を

受け入れることが
きっととても怖かった



叔母の死の直後
腕に大きな火傷をして


皮膚科にかかる程の
火傷なんて

それこそ
20数年ぶりだわ・・・


珍しいことも
あるものよねと思ってた



脱力したハートを感じて
ホッとした矢先に

力を入れて
奮起しようとするとき


いつも
ハートが焦げ付いて

黒い煙が湧くような
イメージがあったのだけど


こんな風に

あなたのハートは
焼け付いてるよと

この火傷が
教えてくれたような気がするわ







大変そうだから
不自由そうだから


父が
突然死んでから

繰り返し
言われた言葉



今より
離婚も少なくて

片親家庭
そのものが

本当に
珍しかった頃


大変そうだから
不自由そうだから


そう
言い放った人々は


父を
突然失ったわけでもなく

夫を
突然失ったわけでもなく


どこかで
見聞きしてきた妄想を

まるで自分が
経験してるかのように語ってた



わたしの
人生のいとつなぎに


大変そうだから
不自由そうだから

そんな理由は
もういらないよ



あなたのことが好きだから
わたしのことが好きだから



それだけあればいい
そこだけあればいい









彩ね。の
好きな本というのは


ちょっと
レアというか

好きな人の分野が
凝縮していたりするので

古本でなら手に入る
というものがとても多いんだわ


あと今はまだ
お金の余裕が少ないとかね

↑もうネタにするしか
 なくなってきたなぁ〜



そういう理由と


好きな人の書籍も
いくつか読んで

これ!って一冊を
手元に置いておこう

っていう
気持ちもあるから


図書館で
借りることも多くて

初めの頃は
手間だなぁ~って思ってた


でも
絵もそうなのだけど


彩ね。にとって
手を使って書くことは

思想そのものを
少しずつ

体で感じとって
受けとることに良くて


あぁ
手で書くことで

読むだけより
思想を落とし込めるかも・・・


こう思って

借りた本から
自分にとって大切なこと

書くことを
楽しむようになったんだわ



そしたらね

昨夜
面白いことに気づいたの


書いて
その本を返して

古本で
その本を探すと・・・


図書館で借りる前より
古本の価格が下がってる?!

しかも
良品なものが下がってる?!



ここ数ヶ月
古本で取り寄せたもの


どれもこれも
新品なんじゃない?!と

目を疑うような
質のものが多かったなぁ〜


付属品つきのものは
付属品も未開封で届いてたし



これって
書くことを楽しむことで

値下げ分の金額を
稼いでいたってことかも?!




自分美に気づくアート
http://luna-love.jimdo.com/
あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』
好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン
『からふるリーディングめっせ~じ』




去年の秋に
枯れてた葉が蒼くなり

蒼くなっていた葉に
蕾が顔を出し始めたわ


芽を出したときの記事
【秋の新芽】


金銭的なことと
叔母の死とが重なり

つい最近
4年半冷却状態にあった

母親と再び
会話をするようになりました



この
4年半

会話のない
事実を知っていたのは

2人か
3人ほどの

遠くに住んでる友人


幼少期から

母親とは
母娘逆転状態で

罵詈雑言ばかりを
聞いてきていたので

「一切聞かない」と決めて
そこから会話が無くなりました



複雑な状況ゆえ
本当のことも言えず

遠い親戚の家に住んでいる

これくらいの嘘は
平気でついていました


その嘘から
解放されただけでも

かなり心の負担は
軽減されています



この世界にある
感謝思想というのは


感謝をネタに
他者を言いなりにする

ということを
過去に経験した私には

どうやっても
できることではなく


今回も
感謝というのを

アドバイスとして
貰ったのだけれど



感謝できない
自分のままでいい


これを
軸に

静かに
日々の会話をしています



感謝って
やっぱり

するものではなく
湧いてくるものよね


自分のために
本音を話せば

本音を言えた
自分に対して

よくやったなぁ〜って

尊敬の気持ちが
自然と湧いてきて


そこからなのだ


聞いてくれた相手への
気持ちが湧いてくるのは





fc2blog_20160228221155887.jpg

fc2blog_20160227190838906.jpg


近くにある神社に
すっかり行き慣れてると


近隣のこれまで
行ってなかった神社に

足を運ぶって
案外盲点だったりして・・・



というわけで
気持ちを変えて


いつもとは
逆方向の電車に乗って

初めましての
神社にお参りしてきたわ



やっぱり
違う空気感っていいね


初めまして


そう呟いたとき
清々しい気持ちになったわ



ところで

自分の心や体に
お守り聖域があるなら

どうして
パワースポットが存在するのか



自分にない
パワーを貰うんじゃなくて

自己の中に
すでに存在している


お守りパワー
聖域パワー


こういうのと
チューニングを合わせて

すでにあるものを
復活させるんだと思うわ〜



ちなみに
タイミングよく

吊るし雛の
展示をしていたりとか

fc2blog_201602271923094c5.jpg

七福神の手作り雛
とっても可愛らしかった〜



見かけた木の実が
にんまり笑ってたりとか



行き帰りも
なかなか見応えありました



fc2blog_20160217223512c45.jpg


大嫌いなきみへ
ひとつの手紙を書いた


これは
誰にも見せない

これは
誰にも出さない


書いたら
燃やしてしまう手紙



大嫌いなきみへ
ひとつの手紙を書いた


あのとき
こんな状況で

あのとき
こんな環境で


きっと
こんな風にしか

言えなかった
振る舞えなかった


そんな日もあった
そんな事もあった

それでも
精一杯生きてた


そんなこと
勝手に想像して書いてさ



そう
これは


大嫌いな
きみへのつもりで

大嫌いな
ぼくへの手紙だよ



ぼくは
きみじゃないから

きみは
ぼくじゃないから


ぼくから
出てくる言葉の全ては

大嫌いになった
ぼくへのメッセージ





申込受付中
あなたと繋がるカレンダー
*4月始まりも作れます*

あなたの宝物を見つける本
ブログ本『LOVE BOOK』

自分美に気づくアート
http://luna-love.jimdo.com/

好きを選ぼう
1週間を心地よく過ごすヒントをお届けするメールマガジン

『からふるリーディングめっせ~じ』